誤解との闘い in ドイツ

いや本当は、ぼやいてる場合ではないんですが。

ドイツ生活8年目。

初級ドイツ語コースのみを修了し、あとはサバイバルで何とか生きている私。

ボランティア先で生のドイツ語に触れると、誤解のオンパレードである。

単語力がないのはもちろん、知ってる単語でも使い方によっては全く意味が分からないし、日常会話では教科書にない言い回しも多い。

分からないと自分で思えば、聞き返す事も出来るのだが、自分では分かったつもりなので始末が悪い。

実にとんちんかんな事を答えたり、やったりしてしまう。

となると、相手は「はぁ???何やってんの???」となる。

アカン (;゚Д゚) 今のは違ったらしい・・・

と思っても、焦って何をどう言えばいいか分からなくなり、余計にしどろもどろ。 「あぅあぅあぅ・・・」

たった3時間ほどの間に嫌~な汗をかくこともしばしばである。

しかし、そんな時はドイツ人の性格に救われる。



とてもあっさりしているのだ。

行き違いで、ちょっと険悪な雰囲気になった時、しばらくあの人には会いたくないなぁ・・・と思う。

そんな時程きっちりその人に会うのであるが、相手は先日の事などまったく覚えていないらしく、清々しい笑顔で迎えてくれたりする。

なーんや。 誰も私みたいに引きずらへんねんな。 (´▽`) ホッ



しかしいつまでも理解できないままではアカン。

常に“ドイツ語をなんとかしなければ”という強迫観念があるのが、ドイツ生活最大のしんどさだと思う。

もちろん必死に勉強すればいいだけなのだけど。



スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

お気に入りのドイツ靴

数少ないが、ドイツ製で気に入っている物がある。

その一つがこのRieker リーカーの靴だ。
31FIiD3EDtL._AC_UL260_SR200,260_

こういうタイプの靴を、もう5年くらい履いているが、一向にくたびれない。

価格は50~60ユーロくらいだし、足も疲れにくく、脱ぎはきしやすいのもメリットだ。

なので、夏用に少しスリットの入った物を新調した。
514vcnvq0pL._AC_UL260_SR200,260_

そして日本のウォーキングシューズや“ミセス用の靴”はいかにも年寄り向けな物が多いが、それよりは見た目も良い(と思う)。

在独日本人の中にもリーカーファンが多く、偶然お互いにリーカーの靴を履いているのに気付き、盛り上がったことがある。

女性に大いなる喜びをもたらす“共感”だ。

それまでは自分で気に入って履くだけで人に薦めたことなどなかったが、それ以来薦めるようになり、夫も今は愛用している。

日本でも買えるようだが、こっちで買うより3倍くらい高い値段が付いていてびっくりした。


びっくりしたと言えば、自分の感覚。

最近はデパートでも袋にお金がかかるようになり、靴を買った時に「袋は10セント。」と言われ、「結構です。」と断って、カバンにじかに靴を入れて帰ったことだ。

家で落ち着いて考えてみると、いくら売り場とは言っても誰かが試着するときは床を踏んでいるわけで、その靴を(ビニール袋も持っていたのに)じかにカバンに入れるなど、日本人ではあまりやらない事だと思う。

ここドイツでは普段履いている靴をそのままリュックに食べ物やなんかと一緒に入れるのも珍しくないのであるが、もはや私もその一段階目にさしかかってしまったのかも。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン








テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

ナプキンパン団子

今日の老人施設のお昼ご飯はグラーシュとServiettenknödel ザビエッテンクネーデル 訳して「ナプキンパン団子」。

クネーデル自体はパンを野菜や粉と一緒に丸めて茹でたお団子で、よく肉料理の付け合わせで出てくるが、今回のは前にナプキンという単語が付いているので、頭が混乱。

しかもこの時点ではザビエッテン=紙ナプキンと思っていたので、紙ナプキンのパン団子っていったい何やねん???となおさら困惑した。

入居者さんに聞いても知らないと言う。

すると、出てきたのは丸くないパン団子だった。

帰って調べてみると、ザビエッテンはナプキン一般を指し、なんでも布のナプキンに包んで茹でるからそういう名前らしい。
220px-Serviettenkloss.jpg※画像はWikipediaより

しかしこれ、老人には激しく向かないメニューだ。

グラーシュの肉は細かく裂かれ、パン団子もサイコロ状に切られていたが、肉の繊維は残るし、小さくされたくらいでは屈しないほど強い意志を持ったパン団子。

案の定、残食率が非常に高い結果となっていた。

私自身もこのパン団子が好きではない。

なんというか、もったりとして、恐ろしく重いのだ。



今日も今日とて茶色とベージュの昼食。 おまけにデザートはバナナ。

よくもまあこれだけ視覚に訴えることを放棄するものだ。

とか何とか言いながら、絶対に自分では作らないご飯を、毎回密やかに楽しみにしている。( ̄ー ̄)ニヤリ






テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

心理テストができない夫

寒い。

ついこの間25℃まで上がった気温が急に下がって、今朝の気温は1℃。

天気もころころ変わって、いきなりドーっとみぞれ混じりの雨が降る。

衣替えをしたばっかりなのに、冬服が恋しいドイツである。



イースター休暇の4連休、例によってどこにも行かず、ひたすらネットで動画を見て過ごした。

その中にあったバラエティ番組の心理テストをやっていた時のこと。


~想像してください
 あなたは一人で海辺を歩いています。天気は良く、とても良い気分です~

第一問。
少し歩くと、砂浜に一つの本棚がありました。その本棚に本は何冊ありますか?

私「(三段ボックスのような本棚をイメージしつつ)12冊くらい。」
夫「そんなの、砂浜に本棚がある時点でおかしい。百歩譲って流されてきたとして、、本なんかあるはずがないじゃないか。」

Ω\ζ°)チーン
はい、終了。 それ以降の問題はもう考えようとしない。

そんなこと言わずに、少々無理があっても素直に想像すればいいと思うのだが、彼にはそれができないのだ。

なんとも融通の利かない男だ。

ちなみにこの質問で分かるのは、本の数=その人が抱えている問題の数という事らしい。

私は12個もの問題を抱えているのに、夫はゼロという事だ。

さもありなん・・・・"(-""-)"

相手に山ほどの問題を抱えられていても困るが、ゼロって。




幸せそうな夫にノンアルコールビールで乾杯した。







テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

桜と黄色い絨毯

Wiesbaden(ヴィースバーデン)にはサクランボで有名なFrauenstein(フラウエンシュタイン)という地域がある。

その一帯はこの時期白い桜の花が咲き乱れ、とても美しい。

中心部からバスに乗って20分。
f1_2017041219075257c.jpg

ほんの少し郊外に行くだけなのに、ガラッと雰囲気が変わる。
f2_201704121908061e6.jpg

人っ子一人いない道をカメラを持って歩く。
f3_20170412190821203.jpg

やっぱり自然には癒される (^_^)

一角には黄色い絨毯を敷いたように菜の花が咲いていた。
f4_20170412190834a15.jpg

今年初の菜の花畑だ。

油を採る用の菜の花らしく、残念ながら食べられないらしい。 菜の花の辛し和え、美味しいのに…・

と思ったら、農家がやっている直売所があった。
f5_20170412190846391.jpg

新鮮な卵、野菜、果物にジャムなどの加工品。 パンやケーキもあった。

こっちで食べる果物の中で一番好きな、Weinbergpfirsich(ヴァインベアクプフィルジッヒ)というぺったんこの桃のジャムと素朴なクッキーを購入。

なんでもサクランボの時期には、ここならではの白いサクランボが出て、それが美味しいのだとか。

幻の白いサクランボを求めて、その頃に再訪するとしよう。

















テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる