駐車違反のレッカー移動

日曜日、マラソン大会が開催された。

スタートは9時半。

我が家の前はコースからは外れているものの、なぜか駐車禁止区域になっていたのだが、知らない人がいつも通りに車をとめていた。

8時「ここは駐車禁止です。速やかに移動させてください。」

日曜の朝から結構な大音量である (-"-)

そして移動されなかった車の運命は・・・

持ち上げられ
P1190281.jpg

ぶら下げられ
P1190283.jpg

着地させられ
P1190284.jpg

連れ去られた。

レッカー移動なんて初めて見た。(+o+)

この要領で次から次へと連れ去られる哀れな車さんたち。

持ち主が大金をはたいて迎えに来るまで、じっと待つのだよ。





スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

愛を伝えるマイバウム

5月1日、うちのアパートの前に木がたてられた。
IMG_2439.jpg

ひょっろとした木に青・黄・白のテープがかけられ、ひらひらと風になびいている。

いったいこれは何ぞや??と思っていたら、ドイツの一部地方で伝わる男性から女性への愛の告白だと分かった。

思いを寄せる女性の家の前に、飾った木を立てておくのだそうだ。

なんともロマンティックな求愛ではないか。

どんな人がどんな人に愛を伝えたのだろう。(最初は女性の写真とメッセージが付いていたが、すぐに取り去られていた)

マイバウムと言えば、こういうビール屋さんの前にあるものしか知らなかった。
e322be1a3511f6aa4fc303e7f8aa436a.jpg

ちなみにこの愛の告白のマイバウムは、1か月後に立てた人が回収するらしい。

この2人がうまくいくといいな。



テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

め組の人 in ドイツ

その人はとある店のショーウインドウにいた。
IMG_2437.jpg

リサイクルショップと言えば聞こえはいいが、どう見ても“ガラクタ”しか売っていない、おじさんが道楽でやっているようなお店だ。

小さいフィギュアが並んでる・・・ただそれだけなはずなのに、何かが私のアンテナに引っかかった。

三歩戻って見てみると、白黒の格子柄の法被が気になったのだと分かった。

よくよく見てみる。
IMG_2438.jpg

ハチマキと言い、法被と言い、草履と言い、顔と言い、総合して日本人のようだ。

しかし武器が鎌? 

そして法被に書いてあるのは“め組”!?
me1.jpg

一緒に並んでいるお仲間からして、世界の警官とか消防士のようなので、日本の火消しのつもりなのだろうか。

何をどう間違ったらこんな“農民がめっちゃ長い鎌持って仁王立ち”みたいなフィギュアになるのだろう・・・・。

いったい誰がこれを作り、どういう経緯でここに並んでいるのか、気になって仕方がないのであった。




テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

ドイツの“可愛い”を構成する物

私が好きなドイツの町は“可愛い”。

10代の女子ならいざ知らず、おばちゃんまでもが何故にそう可愛いと思ってしまうのだろうか。

それは可愛いパーツがあちこちに散りばめられているからだ。

例えばこんな看板。
k1_201804262144502ad.jpg

と一文字書くのに比べ、お洒落でかつ同じくらい分かりやすい。

例えばこんな窓辺。
k3_2018042621452101f.jpg

例えばこんなクローバー。
k4_20180426214546cfa.jpg

例えばこんなドア。
k5_2018042621460228b.jpg

例えばこんな玄関。
k6_201804262146195e4.jpg

例えばこんな遊具。 ネバーエンディングストーリーみたい(*´艸`*)
k2_20180426214506da6.jpg

ちっちゃな可愛いが集まって、町全体を可愛くする。

そこには住む人々の努力が窺われる。

ドイツにこういう町が無かったら、私はもう日本に帰っていたかもしれない。





テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

花粉を以て花粉症を制す 

今年のドイツは花粉が多く飛び回っているらしく、花粉症の方は例年よりひどい症状に悩まされているそうだ。

夫も花粉症で、結婚当初は鼻水ダラダラで目も痒くしんどそうだった。

いろいろ花粉症対策を試し、夫にとって有効だったのが“ビーポーレン”。 ドイツ語では“Blütenpollen”
IMG_2396.jpg

これはミツバチが酵素と花粉を丸めて作ったお団子(顆粒)で、アミノ酸・ビタミン・ミネラルが含まれる、スーパーフードなのだそうだ。
IMG_2397.jpg

夫はこれをスプーン1杯ヨーグルトに混ぜて2年近く食べ、その後7年くらいほとんど花粉症の症状が出ずにいた。

今年は軽い症状が出てきたので再開したところ。

ちなみにこれはdennsというBioスーパーで買ったが、市場に来るはちみつ屋さんでも売っている。

結構高価だし(200g 11.99ユーロ)、味も癖があるので食べにくいかもしれない。

でも薬をずっと飲み続けるより安心だし、毒を以て毒を制すということで少量ずつ体内に入れて花粉に対する症状を軽減できるというのは理にかなっている気がする。

現在お困りの方に少しでも参考になれば幸いである。



※蜂に刺されたことがある人やアレルギーの人はショックを起こすこともあるそうなので、もし摂取される場合は十分に注意してください。




テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる