熱帯夜の殺意

登場人物

夫; 何事にも執着しないタイプ。 在独26年にして、ほぼドイツ人。

妻; 更年期真っ最中。 良くも悪くも典型的な日本人。


その夜は30℃を超す熱帯夜だった。

クーラーなんて洒落たものは、この国の普通の住居にはまだまだ浸透していない。

何度「暑い。」と言った事だろう。

言っても涼しくならないことは百も承知なのに、つい口をついて出る。

午前中はまだいい。

最悪なのは夕方以降だ。

21時頃雷とともに激しい雨が降った。

あぁ、これで少し涼しく…・・・・ならなかった。

22時頃ベッドに入る。

いつも驚異的に寝つきの良い夫はあっという間に夢の中だ。

妻は最近の習慣で、横になってから本を読む。

今日は入眠導入サプリも飲んで準備万端だ。

東野圭吾はやっぱり面白いなぁ…と思いながら、数日間ちょびちょび読んでいた小説を読み終える。

ちょうど眠くなってきたのでこれなら眠れるだろう。


あづっ "(-""-)"

あまりの暑さにブワっと起き上がったら首筋や額が汗だく。

忘れていたが、これが熱帯夜というものだった。 時間は午前1時43分。

隣の夫を見ると、おでこには「冷えピタ」頭の下には「アイスノン」を当てて、気持ち良さそうに眠っている。

邪魔する髪もないので、冷えピタが張りやすくていいな・・・。

そんなことを思いながら妻はごそごそと起きだし、水を飲み、扇風機を取り出した。

弱風にしてタイマーをセット。

扇風機の風は体に良くないんだけど・・・と思いながらしばらくするとまどろんだ。

と、その時

ぷっすぅ

ギャー \(゜ロ\)(/ロ゜)/

夫の尻の穴から臭気ガスが出たのだ。

寝ながらにしてかくも最高のタイミングを見計らって放屁する技は、いったいどこで獲得したのだろう。

その衝撃と匂いとでまたしても目が覚めた妻は、呆然とした。

そして翌朝、一部始終を夫に話すとケラケラとそれは楽しそうに笑った。

笑えるのも今のうちだという事を、奴はまだ知らない。 (-_-メ)





スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

チョコミント ミューズリー

時々朝食にミューズリーを食べる。

コーンフレークよりも体に良さそうで、ザクザクと噛みごたえがあるので腹持ちがいい気がするのだ。

今までいろいろ試したが、基本的にはチョコ系が好きで、先日までは“チョコバナナ”のミューズリーを食べていた。

何の気なしにそのメーカーのHPを見たところ、“チョコミント”味が出ているのを知った。

さっそくスーパーへ急ぐと、あった!(^◇^)
IMG_2009.jpg

お味はそれほどミントが強くなく、結構美味しい。

しかし、それは私がもともとチョコミント好きだからかもしれない。

とある日本のバラエティで、“パクチー”と同じ扱いで“チョコミント”が好きか嫌いかを街角で尋ねていた。

すると嫌いと言う人多数。

それまで何の疑いもなく好いていた私は驚愕した。 Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

そ・・・そんなに嫌われ者だったのね…。

なんでも歯磨き粉を食べてるみたいだとかいう理由で嫌いな人が多いらしい。

私は甘い中にもスッキリ感があって好きなのだけどね。


ともかくこのチョコミントミューズリーは今年の味らしいので、買えるうちにせっせと買っておかなければ






テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

異国で老いるという事

異国で老いる。

これは思った以上に大変そうである。

ボランティア先で見る異国出身の方々。

といっても数は多くないし、イタリア・ハンガリーなどヨーロッパからであるが、それでも彼らは馴染めない様子だ。

例えばレクリエーション。

皆で歌を歌いましょう♪

ドイツ人なら誰でも知っている歌を歌う。 

異国出身の人は、ほぼ歌えない。 たまに自国の歌を歌ってみても、誰も聞いてくれない。


皆でゲームをしましょう♪

サイコロを振ってカードをめくり・・・「はい、鼻がつく慣用句を一つずつ答えましょう。」

分からないので答えられない。


季節の行事をしましょう♪ 

「土曜にはマイバウムを立てますから皆さん参加してくださいね~。」

マイバウム?何それ? 興味ない。


そして何にも参加しなくなる。


ドイツ語もどんどん怪しくなる。

出だしこそドイツ語でも、すぐに母国語に変わってしまう人。 ごちゃまぜで喋ってしまう人。

伝わらないストレスもあってか、不機嫌になり、大声で怒鳴り、時には攻撃的になる。


介護する人には、体が小さくて、いつもニコニコしている人が好かれる。

言葉が通じないと、それだけで足が遠のくのが現状だ。



もともと一人でいたい人もいる。

それならストレスが少ないかというと、そうでもないかもしれない。

食事が違う。 ドイツでは晩御飯はほぼ朝食と同じ、パンとハムとチーズとかの質素な物なのだ。

短期間なら耐えられるかもしれない。

でも終わりが見えない時間、それがずっと続くと辛い。


お金があって、立派な施設に入居できた人でさえそうなのだから、独居老人になったりするともっと厳しいだろう。

自分で自分の事ができるうちはいい。

誰かの手を借りなければならなくなった時、それが問題だ。


日本を離れる時、老後の事まで深く考えなかった。

ひな祭りや盆踊りなどの行事があり、「ふるさと」を歌い、おまんじゅうがおやつに出るのは日本だからなのだ。




テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

実はカラオケ好き?

まだ若かりし頃、カラオケには結構行っていた。

特に好きとか嫌いではなく、友人や同僚とご飯に行った後はカラオケボックスが定番だったからだ。

行けばそれなりに流行りの歌を歌った。

声が低めなので、中島みゆきや中森明菜なんかが多かったかもしれない。

あとは男性歌手の歌とか。 スピッツとか槇原敬之とかも好きだったなぁ・・・。

人の歌を聴くのも好きだった。

多少はずれていても、気持ちよく歌っているのを見るだけで楽しい。

タンバリンやマラカスなどあれば、なお良し。


時は流れ、2017年。

どういうわけかドイツに住み、娯楽とは一切無縁の生活を送っている今。

日曜には店が閉まり、カラオケもないし、映画など見ても分からない。

言葉が不自由なストレスもあり、日々鬱々としていると、プチ自傷行為を繰り返すようになる。

小さい頃は爪を噛んだり、、髪を抜いたりしていた。

今は頭をかくのが癖になり、気づけばずっと頭に手をやっているように。

当然頭皮はあれ、痛痒いほどになってもやめられない。


そこで思いついたのがお絵かきロジック。

知人から頂いた本を出してきて早速取り掛かるが、いかんせん老眼の始まった眼には辛い。 ((+_+))


そしてYouTube。

私が良く歌っていた1980年~1990年代のヒット曲をかけてみる。

曲がかかると自然に口ずさむメロディー♪。

掃除機をかけながら、洗濯物をたたみながら、大声で歌う。


曲とともに蘇ってくる遠い日の記憶。

あの時○○さんが酔っぱらって大変やったなぁ・・・・。

そういえば、あんなメンバーであそこに行ったことがあったなぁ…。

そんなことをしていると、頭をかいていない。

これはいいかもしれない。 (*^▽^*)



よっぽど失恋の歌でも歌わない限り、気分が高揚するのも良い点。

そこで気づいた。

私はカラオケ好きだったのだ。



ちなみに夫とは一緒にカラオケに行ったことがない。

合唱部でソロをまかされたことも多い夫は、それでなくても声量が大きい。

マイクなんか持たせた日には、私の鼓膜が破れてしまう。





テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

お気に入りのドイツ靴

数少ないが、ドイツ製で気に入っている物がある。

その一つがこのRieker リーカーの靴だ。
31FIiD3EDtL._AC_UL260_SR200,260_

こういうタイプの靴を、もう5年くらい履いているが、一向にくたびれない。

価格は50~60ユーロくらいだし、足も疲れにくく、脱ぎはきしやすいのもメリットだ。

なので、夏用に少しスリットの入った物を新調した。
514vcnvq0pL._AC_UL260_SR200,260_

そして日本のウォーキングシューズや“ミセス用の靴”はいかにも年寄り向けな物が多いが、それよりは見た目も良い(と思う)。

在独日本人の中にもリーカーファンが多く、偶然お互いにリーカーの靴を履いているのに気付き、盛り上がったことがある。

女性に大いなる喜びをもたらす“共感”だ。

それまでは自分で気に入って履くだけで人に薦めたことなどなかったが、それ以来薦めるようになり、夫も今は愛用している。

日本でも買えるようだが、こっちで買うより3倍くらい高い値段が付いていてびっくりした。


びっくりしたと言えば、自分の感覚。

最近はデパートでも袋にお金がかかるようになり、靴を買った時に「袋は10セント。」と言われ、「結構です。」と断って、カバンにじかに靴を入れて帰ったことだ。

家で落ち着いて考えてみると、いくら売り場とは言っても誰かが試着するときは床を踏んでいるわけで、その靴を(ビニール袋も持っていたのに)じかにカバンに入れるなど、日本人ではあまりやらない事だと思う。

ここドイツでは普段履いている靴をそのままリュックに食べ物やなんかと一緒に入れるのも珍しくないのであるが、もはや私もその一段階目にさしかかってしまったのかも。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン








テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる