我が家にいるミニオンたち

ミニオンが好きだ。

あの黄色くて丸い容姿も、笑い袋のような笑い声も、仲間うちで容赦なくケンカしてすぐ仲直りしているところも。

ドイツでも数少ないが一応ミニオングッズはある。

しかし飴が入ったおもちゃとかぬいぐるみくらいで、全く買う気にならない。

ところが日本。

大人でもちょっと買ってもええかな?と思わせる商品がいくつもある。

そんな中連れて帰ってきたのがユニクロのTシャツ。
IMG_2471.jpg

背面が無地なのが残念だが、左袖にクマちゃんが刺しゅうされているのが良い。

そのTシャツのタグも大事にとってあり、今は冷蔵庫に貼っている。
IMG_2476.jpg

夫が買ったしまむらのステテコ。
IMG_2472.jpg

夫は別にミニオン好きではないが、ちょっと目を離したすきに3つも買っていた。(^^;

IMG_2473.jpg

IMG_2474.jpg

IMG_2475.jpg

このステテコ、数日後に行ったら一つもなくなっていたので巡り合えたのがラッキーだったのだろう。

いつもなら夫のステテコ姿など全く興味がないが、ミニオンだと思うとちょっと嬉しくなる。




“たれぱんだ”以来の好きなキャラクターにはまってしまいそうな予感・・・。





   
スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

老眼鏡へのささやかな抵抗

それは日本滞在中、たったの一度だけ目にしたCM。

ほんの数秒の事なのに、画面にくぎ付けになってしまった。

流れていたのは“本屋が作った10歳若返って見えるおしゃれルーペメガネ”のCM。

lupe.jpg

ちょうどハズキルーペが気になっていた私は、その形状と1200円という値段、 そして何より“10歳若返って見える”というビッグマウスっぷりに惹かれた。

頻繁にやっているCMではないのに、ほんの数日日本にいた私が目にしたというのも、「これ、ええで。」という神のお告げかもしれない。


友人と共に書店に行き、どこにあるか聞こうにも店員が捕まらないので機械にて検索。

とんでもない打ち間違い&変換で爆笑したのち、ようやく購入するに至った。

IMG_2468.jpg

正直フレームは滑らかさに欠けるが、値段を思えば致し方ない。

見え具合はかなり良く、普通の眼鏡っぽいのが嬉しい。
IMG_2470.jpg

「これかけたら10歳若返って見えるねんて。」と言いながら振り返った私に、夫は「アラレちゃんみたい。」としか言わなかった。

それはつまり、遠回しに「見えるわけないやろ。」と言いたかったのだろうか・・・・(-ω-;)ウーン


最近は付録付き雑誌が流行っているが、これは付録というより単に眼鏡を本型の箱に入れただけの商品。

眼鏡を本屋さんで買うというのは不思議な体験だった。

ちなみに他にもスクエア型とか、眼鏡の上から付けられるタイプとか何種類かある。




テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

散らかった部屋を見られる

人が来る前には掃除をし片付けておきたい。

ところが今日急な訪問者を家に上げなければならず、事もあろうにバスルームを見られる羽目になった。

昨日からお湯の出が悪かったので、業者の人がいきなり見に来たのだ。

我が家は廊下がなくバスルームに行くには居間、寝室を通る。

ベッドの上には夫が脱ぎ捨てていった服がそのまま広がっている。

あちゃ~もう最悪や・・・・


そのうえドイツ語でいろいろ喋られる。

背中を汗がたら~っと流れる。

更にまだ喋られ、今度は額に汗がにじむ。

それでなくても更年期ですぐに汗をかくのに、こういう精神的なプレッシャーではまた違った嫌な汗をかく。

結局上半身びっしょりで、服を着替えるほどだった。
businesswoman6_bikkuri.png



私も予定外の事でうろたえたが、相手も靴を脱ぐ羽目になるとは思っていなかったのだろう。(ドイツでは家でも土足の人がいるし、業者も靴のまま上がり込んでくる)

両方の靴下の中指辺りにパカッと穴が開いていた。



=== ケロ衛門の近況 ===

有馬温泉に行っていた。 炭酸煎餅食べたかな?
Image-1 (3)


テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

ひやきおーがんvs宇津救命丸

先日ドラマで赤ちゃんが大泣きしているシーンを見た夫が「宇津救命丸飲まさなきゃ。」と言った。

“宇津救命丸”? 全く聞いた事のない名前だ。

「何それ?」と聞くと、仁丹みたいで赤ちゃんの夜泣きやかんのむしの時に飲ませる薬だと言う。

「それ、ひやきおーがんちゃうん?疳の虫に効くんやろ?」と言うと今度は夫が目を丸くして「ひやきおーがん?何それ?」




兵庫出身の私と、宮城出身の夫の間では往々にしてこういう事がある。

昔懐かしい赤ちゃんの映像と「赤ちゃん夜泣きで困ったな~ かんむし乳吐き弱ったな~ ひやひや、ひやのひやきおーがん♪」
E459498H_L.jpg

というCMソングまで歌えてしまう私は、こういう薬は日本でただ一つだと信じ切っていたのだが、実は同じ作用の「宇津救命丸」という薬が存在し、関東ではそっちの方がメジャーらしいのだ。
gionsakura_uzukyumeigan119.jpg


まるで“歌舞伎揚げ”と“ぼんち揚げ”ではないか。

この“ぼんち揚げ”についても以前議論になった。

こういう時夫は関西をちょっと馬鹿にしたような態度をとるのが実に癪に障る。

関東が偉いんか~! ってか、あんたは東北やろ~ 


その他つい最近知ったのだが、関西と関東では味噌汁の位置が違うらしい。

ご飯の隣に味噌汁が来るのが関東風らしいのだが、「そんなことしたらおかずに手を伸ばすたびに味噌汁をひっくり返しそうになるやん。」と思う私はやはり関西風の味噌汁はご飯の奥に置く派なのだった。


テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

鬼太郎の妖怪アンテナ

もともと湿度が低いドイツ。

冬場は静電気がすさまじい。

電気体質なのか、人より静電気を感じやすい私は毎朝髪を逆立てている。

まるで“鬼太郎の妖怪アンテナ”だ。


こっちで買った髪の静電気防止スプレーをシューッとやってみる。

静電気自体はおさまる・・・が、何とも言えない匂いがする (+o+)

うぇ~くさっ。 あ~くさっ。 なんでこんな匂いにすんねん(怒)

とかくドイツの物は匂いがきつすぎるのが多いし、好みでない。

とはいえ効果はあるわけで、匂いを我慢するか、パチパチを我慢するか、実に悩ましい。 (-ω-;)ウーン

悩んでいると、髪がほとんどない夫が涼しい顔をして「うわー髪がすっごい立ってる(笑)」と馬鹿にしてくる。

くっそぉ・・・

「私の髪が立ってるのは家の中の妖怪に反応してるからや。 この妖怪屁こきおやじ!

と罵声を浴びせてみるが、ちっとも応えない夫はケラケラ笑いながら出社した。

結局静電気に負けて使ったスプレーのせいで、今度は匂いで気分がすぐれない。




テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる