続Speyerのクリスマスマーケット

前回の続きで、食べ物やグリューワインのカップなどを。

初めて見たのが馬肉のソーセージ屋台。 そこでカリーヴルストとHeiß Helgaという飲み物をゲット。
c12_2016122120050880b.jpg

普通カリーヴルストというとソーセージにケチャップとカレー粉をかけるんですが、ここでは鍋に専用のソースを作ってありました。

で、馬肉ソーセージのお味は・・・ソースが多すぎて全く分からず。 普通の焼きソーセージにすれば良かった・・・

Heiß Helgaというのはグリューワインにラズベリーシロップとお酒につけたラズベリーを入れたもの。

夫は「酸っぱい」と連呼していましたが、私は結構気に入りました。

ここのカップはおしゃれ。
c13_2016122120052112e.jpg

別の屋台では背の高いカップ。
c14_20161221200533840.jpg

c15_2016122120054446f.jpg

見たところ、どれも年号が入ってないのが残念ですが、屋台によっていろんな種類のカップがありました。
c16_20161221200556b37.jpg

次は煮込んだ豚肉と玉ねぎをはさんだパン。 このお肉がやわらかくて美味しかった~
c18_2016122120062202f.jpg

甘い物も入れなきゃねということで、食べたのはMutzenという小さいドーナツ。 ちょっと冷めてたけど、生地がもちもちでした。
c17_20161221200608535.jpg

こちら、自分の好みに調味料やハーブを配合してくれるお店。
c19.jpg

手彫りのオーナメントやグッズのお店。
c20.jpg

この町のクリスマスマーケットは、小さ過ぎず大き過ぎずで、結構良かったです。









スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

Speyerのクリスマスマーケット

Ludwigshafenを後にして向かったのはSpeyerシュパイヤーという町です。

駅から歩くこと15分くらいで、この塔に着きます。
c1_201612212003334a7.jpg

塔の下の通路上にはこんなステンドグラスが。 
c2_201612212003424bd.jpg

塔の裏側。
c3_20161221200350a0a.jpg

ここから大聖堂までの道の片側に屋台が並びます。 これが世界遺産の大聖堂。 ライトアップがちょっとしょぼい(^^;
c4_20161221200403501.jpg

通りを彩る電飾にも大聖堂。
c5_201612212004130dc.jpg

マインツにもあった青いキラキラ。
c6_20161221200422c09.jpg

飾りが凝っている屋台もありました。 顔が動くリアルなサンタさん。
c7_20161221200429b8b.jpg

c8_201612212004397f6.jpg

c10_20161221200449338.jpg

ここにいたのは火曜日の18時頃。
前日に起きたベルリンのテロを悼み、18時に一斉に屋台が消灯。 教会の鐘が鳴り響き、人々は動きを止め黙とうしました。
噴水の周りにはたくさんの蝋燭。
c11_20161221200459ec1.jpg

怖くないと言えば噓になりますが、テロを怖がって家に籠っていてもどんどん気分が沈むばかり。

普段通り、自分の生活をするだけです。






テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

Ludwigshafenのクリスマスマーケット

やっと体調も回復し、今年最後のクリスマスマーケット巡りに出かけました。

目的地まで行く途中の駅近くでやっていたLudwigshafen のクリスマスマーケット。 
d1.jpg

Ludwigshafen Mitteの駅を降りたらすぐにマーケット会場があります。
d2.jpg

こじんまりとした広場に並ぶ屋台。 まだ明るいせいか、人出もまばらです。
d3.jpg

ここを調べていて分かったのですが、11月末にこの広場に爆弾を仕掛けた12歳の少年がいたそうです。

釘を使った手製の爆弾で不発だったし、置いてあった不審物に気づいた人の通報で即撤収されたそうであまり大きく報道されてませんでしたが、ここも被害に遭った可能性が・・・・と思うと複雑でした。

d5.jpg

グリューワインのカップはいろいろありましたが、この赤くてころんとしたカップが可愛かったです。
d6.jpg






テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

ヴィースバーデンのクリスマスマーケット

今年2か所目はヴィースバーデンのクリスマスマーケットです。 開催されているのはマルクト教会の前。
b1_20161202221141740.jpg

この花の形の電飾と、屋台の上の流れ星がここの特徴です。
b2_20161202221153bcf.jpg

この日は夫もいたので今年初のグリューワインを。 カップの絵も屋台と電飾が描かれています。
b3_20161202221211a6d.jpg

飲んだ後でよく見たらいろんな飲み物があり、温かいリンゴジュースにアマレットを入れた物とか、刻んだリンゴとはちみつと生姜が入ったものとかもあって、それを飲めばよかったと後悔。 (>_<)
b4_20161202221223cfd.jpg

エルツ地方から来た屋台。
b10_20161202221332394.jpg

北欧から来た屋台。 毎年買おうか悩みなすが、買うならやっぱり本場でと思い、断念します。
b5_201612022212350f5.jpg

豚肉のステーキをはさんだパンでお腹を満たした後は、さくらんぼのグリューワイン。 これはなかなか美味しかったです
b7_20161202221301232.jpg

ここには少しだけ離れた所に立派な観覧車が出るので、それに乗れば上からクリスマスマーケットが見られるかも!?と乗ってみました。(大人5ユーロ)
b8_2016120222131136a.jpg

相変わらず窓ガラスのない観覧車。 さすがにひざ掛けが用意されてました。 さぁ、てっぺんに来ていざ!とカメラを構えたら…
b9_201612022213225bd.jpg

Ω\ζ°)チーン
建物が邪魔してこれだけしか見えません

想定内だったとはいえ、ちょっとがっかり。

でも一度は乗ってみたかったので、「これでもう思い残すことはない。」と宣言したら、夫に「明日にでも死ぬみたいな言いぐさだね。」と言われてしまいました。

そういえば、ワッフルの屋台の前を通った時、その香りで「ベビーカステラを思い出すな。」と言うと、「何それ?」と夫。

私が育った辺りでは“チンチン焼き”とも言うんですが、あれってお祭りの定番ですよね?

20数年も日本で生活していたのに、日本での経験が少なすぎる夫は、たびたび宇宙人に思えます。







テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

マインツのクリスマスマーケット

今年最初のクリスマスマーケットはマインツです。

去年はテロが怖くて、フランスのメッスにしか行かなかった(その時の記事はこちら)んですが、今年はまた近場でいくつか回る予定です。

会場は大聖堂前。 
a1.jpg

入ってすぐにあるWeihnachtspyramide クリスマスピラミッド。 中の人形がくるくる回ってます。
a2.jpg

ここの綺麗さは、ひとえにこのキラキラのなせる業。 毎年同じ飾りつけですが、初めて見る人は「素敵ねぇ・・・。」とため息を漏らしていました。
a3.jpg

ノスタルジックな回転木馬。
a4.jpg

屋台もキラキラ。
a8.jpg

a5.jpg

a6.jpg

a7.jpg

毎年ほぼ同じですが、ちょっとずつ店が変わったりしていて、行き慣れた所ではその違いを探すのも楽しいです。





テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる