忌々しいグレーの空

ドイツの冬。

クリスマスシーズンが終わり、カーニバルまでのこの時期が一番憂鬱だ。

なにせ毎日こんな空模様。
IMG_2218.jpg

朝だか夕方だかさっぱり分からないような空だが、こう見えて真昼間の12時である。

太陽が出れば今日は天気がいいから掃除でもするか♪とか、散歩にでも出ようかな♪という気になるのだがこれでは全くスイッチが入らない。

また今日もどんより、そして雨・・・。

グレーの空のメリットは、部屋のほこりが見えにくいこと。

たまーに青空になると、ほこりのすさまじさにびっくりする。(゚△゚;ノ)ノ

ほこりで人は死なないと言うが、太陽が出ないと死ぬかもしれない。








スポンサーサイト

まったく男ってぇ奴は・・・

恐怖の10日間が始まった。

夫が今日から10日間休みなのだ。

毎年夫の会社では23日から1月1日まで有休を使って全員が休む。

私にとっては毎日昼ごはんも考えねばならぬ、苦行の日々なのだ。

今年はよりによって24日が日曜日という最悪なパターンであり、26日も祝日なドイツはなんと3日間完全に店が閉まってしまう。

今日も冷蔵庫とにらめっこしながら買い物に行き、夕飯のおでんを仕込んだところで午前中が終了。

昼ご飯は面倒なので、レンジでできるポップコーンを夫に頼んだ。

「いいよ♪」

返事は良い。

「で、どこにあるの?」

「そこの棚の中。」

「で、これをどうするの?」

「レンジでチン。」

「何Wで何分?」

「袋に書いてあるやろ

「聞いた方が早いと思って。終わったよ。で、何に入れる?」
pose_unzari_woman.png


もう説明するのも面倒なので、自分で皿を出し、入れる。

どうしてこう男って奴はいちいち指図されんと何もできひんのやろか。

皿ぐらい適当に出せっちゅうねん。


それでなくても日本への一時帰国、ドイツ鉄道のお得な切符を使った旅行など考える事が山ほどあるというのに、奴はそのうちの一つも引き受けてくれるどころか、私の仕事を増やすだけなのだ。

幸せそうに昼寝をする夫を横目に、奴が汚したトイレを掃除するうち殺意が芽生えた。

世の男性方、年末年始は奥様の動向に要注意ですぞ。







テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

子供達にとって妖怪の私!?

今日もいつもの老人施設のボランティア。

聖マルティン祭が近いので、近所の幼稚園から子供達が歌を唄いにきてくれた。

入居者さんも可愛い子供たちの姿に癒され、嬉しそうで良かった・・・・と思っていると、ふと感じる視線。

斜め下からガンガン突き刺さる。

その視線はそう、子供達から。

20人のうち、4~5人くらいが私を凝視しているのだ。

正面にいる先生などガン無視。

歌も忘れて、ただただポカーンと( ゚д゚)と見ている。

仕方がないのでちょっとしゃがんで隠れて、数分後にそろーっと立ち上がる・・・・・。

あかん、まだ見てる(-"-)



どうしよう、私はこの場を去った方がええやろか・・・?

迷っているうちにイベントは終わった。

子供からしたら、私の顔はきっとこんな顔に見えるのだろう。
youkai_hitotsume.png

まさかこの顔でイベントの進行を妨げてしまうとは、思いもよらなかった(涙)

お面でもかぶってた方が、まだ見られんで済むのではと思う、今日この頃…。






テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

郵便受けを開けてゾッとした話

タイトルどうりなのだが、郵便受けを開けてゾッとした。

いたずらされていたわけではない。

何かというと、こんな物が入っていたから。 (いわゆる宗教の勧誘)
IMG_2127.jpg

ちょうど留守にしていた間に来たのであろう。ラッキー

いやしかし、待て。

ここはドイツ。だいたいこんな日本語の物が入ってるのがおかしい。

いったいどうして日本人が住んでいる事が分かったのだろうか。

うちは子供もいないし、日本人グループに属していない。

もちろん住所などそんなにあちこちに書くわけでもないし、それをどうしてこういう関係の人が知り得たのか…???



そう言えば昔フランクフルトに行った時、「日本人の方ですか?」と声をかけられ、道でも聞かれるのかと「はい。」と答えたら宗教の勧誘だった事がある。

おいおい、こんな外国に来てまでもか・・

もちろんその方たちはただ熱心に信仰しておられて、それを他の人に勧めたいだけなのだろう。

でもお願いだからほっといて。

もし必要なら自分で探して行くし、私のようなへそ曲がりは誘われると余計に拒絶したくなるのだから。



むかーし昔、神戸で「1分であなたの血を綺麗にします。(いわゆる手かざしのあれ)」と言われた事があったが、「血が綺麗になっても自分では分かりませんから結構です。」と答えて相手を絶句させたことがある。

今度また今回と同じ人がやって来たら、「毎週ミサに参加してますから結構です。」と言おう。

大丈夫。嘘はついてない。

老人施設のミサだけど。






テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

汚れた窓で台無しのライン渓谷

ドイツの世界遺産の一つ、ライン渓谷。

川沿いに次々と古城が現れる雄大な景色は人々を魅了する。

ガイドブックによると鉄道なら川の両岸を走っているので行きと帰りで違う景色を楽しめる・・・とある。

しかし鉄道には大きな落とし穴がある。

写真が撮れないのだ。

撮れないというには語弊があるが、とにかく電車の窓が汚いのでせっかくのお城や青空が台無しになってしまうのだ。

実際に撮った写真がこちら。
IMG_2102.jpg

いったいどれくらいの間隔で洗車しているのか分からないが、こういう景勝地を走る電車でさえ窓が汚い。
IMG_2103.jpg

日本ならすぐにパノラマカーとかを作って窓を大きくし、皆そっちを向いて座れるような座席を作ったりするところだが、ドイツにはそんなものは存在しない。
IMG_2105.jpg

いつ見ても美しい、ブドウ畑と川と古城の景色が泣いているようだ。

分かっていても、ついつい写真を撮りたくなる懲りない私。
IMG_2106.jpg

川岸の木も所々色づいて、もうすっかり秋だ。




テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる