ドイツで湖池屋のポテチ

Edekaというスーパーに行った時の話。

大型スーパーにはよくある“寿司コーナー”を素通りしていた時、何かが私の目の端にとまった。

「ん???」

数歩引き返してみると、寿司に混じってカウンターに燦然と輝く“ポテチ”というカタカナ。
IMG_2368.jpg

なんと、湖池屋ではないか! しかもワサビ海苔味ときた。

値段は1.8ユーロ(237円)。 高いな・・・(-ω-;)ウーン




買ってしまった。

かつて藤谷美和子さんが「100円でポテトチップスは買えますが・・・」とCMをやっていた頃から大のポテチ好きとしては、やはり食べずにはおられまい。

お味はワサビ味が薄めでニンニク風味で、ちょっと思ったのと違った。 残念。

でもこんなポテチがドイツで買えるなんて、すごい。

ベルギーで作ってると書いてあったが、今後もっと流通するといいな。




スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

実は睡眠障害だった足のピクピク

もう何年も足のピクピクに悩まされている。

日中はなんともないが、寝入りばなや寝ている途中に無意識に足がピクピクッと痙攣するのだ。

痛いわけでもないが気持ちが悪く、マッサージをしたり足を上げたりしているのでなかなか寝られず、起きてもすっきりしない。

最近言われ始めた“むずむず脚症候群”かと思ったが、それも当てはまらない。

毎日必ずおこるわけではないし、病院に行くほどでもない。

あきらめていたある日、久しぶりにネットで検索すると、これだ!と思うのがあった。

その名は「周期性四肢運動障害」。

原因不明だがやはり不随意の足のピクつきが出て、眠れない病気。

立派な睡眠障害だったのだ。

診断には体中にセンサーを付けて眠る「ポリグラフ検査」が必要ならしいが、それで確定すれば薬が処方されるそうだ。

病院に行く前にひとまず症状を悪化させるカフェインを控え、日中に仮眠をとり、鉄分のサプリを飲もう。

相手が分かれば対処のしようもある。

一番怖いのは相手が何者か分からぬことだ。



ちなみにこの病気では足だけでなく手も無意識に動かしてしまうことがあり、一緒に寝ている人を殴ってしまう事もあるのだとか。

私はまだ手はピクピクしないし、殴ったこともない・・・と思うのだが、夫が殴られても目を覚まさないだけかも。

たびたびできる夫のおでこの傷は、私が犯人ではないと信じたい。

komuragaeri.png





テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

独 フランクフルトの普通の街並み

フランクフルトに出かけた日は久々の気持ちの良い晴天だった。

本来の用事の他に、あっちウロウロこっちウロウロ。

徘徊しながら見える普通の景色がやはり美しいなと思う。

こんな塔が近代的なビルの合間にニョキッ!
IMG_2255.jpg

こっちにもニョキッ!
IMG_2258.jpg

何でもない商店街も、こんな建物が並ぶとお洒落だ。
IMG_2261.jpg

IMG_2266.jpg

今ここを自分が歩いていることが不思議でならない。

これは本当に現実なんだろうか…。




むかーし昔、初めてのヨーロッパでパリを旅した時に「こんなとこに住めたらええなぁ・・・。」と深く考えず口にした。

それから20数年後、単なるつぶやきはまさかの現実になった。

そして8年。

はっきり言える事は、どこに住んでも関西弁のおばちゃんはおばちゃん。

いくら街並みが素敵でも、買い物袋にはアジフライやたくあんが入っているのだ。









テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

ドイツの電車事情

たまにはドイツの物を紹介。

久しぶりに乗ったフランクフルトの地下鉄車内。
IMG_2256.jpg
まるで幼稚園のような色づかいだ。(外側は普通に水色一色)

天井にある輪っかはつり革の代わりかと思うが、こんな所、到底手が届かない。

写っている人は自転車を押している。 ラッシュ時を除いて自転車が持ち込めるし、自転車専用スペースもある。

だってキャリーに入れなくても電車に乗せられる。


我が家からフランクフルトまでは片道45分。これは実家から神戸までとほぼ一緒だ。

電車賃はこちらが往復17ユーロ(約2300円)、日本では1200円くらい。

倍近いじゃないか!!と憤るなかれ。こちらには年中使える便利な切符が多々ある。

その中の一つ、Tageskarte(一日券)。
IMG_2286.jpg


これは普通に片道ずつ切符を買うより少し安いうえに、その範囲内なら方向関係なく電車・バス・路面電車に一日中乗り放題なのだ。

初めて行く場所では乗り間違える事もあるし、これさえあれば時間を気にすることなくいられるのでだいたいどこでもこういう切符を買う。

ちなみに普通の1回券では乗車してから2時間以内とか時間は限られるが、途中下車してもいい。

日本の電車もこういう風にすればいいのにと思うが、いろいろ難しいのかな。



こちらでは改札がなく、時々電車の中に検札員が乗り込んでくる。

昨日も日本でいうところの「鉄道公安員」の人が乗ってきて検札をしていたが、腰には手錠がぶら下がっていてちょっと怖かった。

もちろんちゃんと切符を買って乗っているが、無事に終わるまでヒヤヒヤする。

昨日は前に座っていたおじさんが買っていた切符が無効で、60ユーロの違反切符を切られていた。

確信犯の無賃乗車も、間違えて買った切符を持っている場合も違いはない。

おじさんは見逃してくれと言うわけでもなく、冷静に身分証を出し、違反切符を「どうもありがとう。」と言って受け取っていた。

私なら例え自分が悪くてもあんな風にはできない。

見苦しく言い訳し、見逃してもらえないとなるとふくれて、挙句の果て心の狭い奴だと悪態をついたりもするだろう。



どんだけ幼稚やねん、私 ( 一一)。


テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

溢れるライン川

年末からよく雨が降った。

当然のことながら川の水位は上がり、とうとう溢れだした。
IMG_2215.jpg
もともと川より高くなっていてゆっくり過ごせるはずのベンチが水浸しだ。

今は枯れ木のような花壇のバラも水浸し。 水も茶色く濁っている。
IMG_2216.jpg

いつもはジョギングや散歩の人で賑わうここも、今は大部分が進入禁止になっているのでほとんど人がいない。

写真を撮っていると犬の散歩に来たおばさんと目が合う。

イタリア人らしく「ヴェネチアみたいだね。」と巻き舌で言うので、「本当にねぇ。」と平たい顔で相槌を打っておいた。(-_-)


ライン川とモーゼル川が合流するスポットとして知られるコブレンツのこのお方も水攻めにあっておられる。
Hochwasser.jpg※写真はお借りしました

堂々と川を見据えるはずのお姿も今は物悲しい。

2年に一回くらいはこんな風に川の水が溢れているのだが、堤防を作って景観を乱すよりはこの方がいいのだろうか?

今週は今のところ雨が降らないようなので、水が引いてくれるといいのだけど・・・。



テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる