結局は散歩

ドイツ人が老若男女問わず好きなのは散歩。

近くに森があれば森を、湖があればその周りを、川があれば川沿いを、ただ歩くのだ。

健康的で良い趣味だと思うのだが、ドイツ生活が長い夫には受け入れられない。

何故なら出不精だから。

彼にとっては家から1歩も出ずにテレビを見て過ごす休日こそ至福なのだ。

この時点で私たちはまったく意見が合わない。

昔芸能人が離婚会見でよく「価値観の相違」と言っていたが、価値観の相違で離婚するならば私たちはとっくに別れている。

お互いに少しずつ妥協していられるうちはいいが、気持ちが離れるとそれが出来なくなるのだろう。

気をつけなければ。



今日はそこそこの天気だったのでお出かけしたかったが、妥協して近所の散歩で済ませた。

川沿いを歩くとこんなクルーズ船がいくつも停泊している。
IMG_2038.jpg

ちょっとお金持ちそうな、英語を話す人達のグループに遭遇しながら、お昼のインスタントラーメンにキクラゲを入れるかどうか話す私達。

こういうのが身の丈に合ってるんだろうなぁ…。




スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

専業主婦のささやかな喜びと緑茶のリステリン

日々の喜びと言えば・・・・

スーパーでとても感じの良い店員さんにあたったとか

初めて買ってみたパンが美味しかったとか

道を譲ってお礼を言ってもらったりとか

クーポン券を使ってポイントをたくさんためられたとか

小銭がきっちり出せて財布が軽くなったとか

いつも買っている物が売り出しで40セント安く買えたとか、実に些細な事だ。


その、いくらか安く買うというのが自己満足であるが“賢い主婦”になったような気がするし、定価で買った後に売り出しになってるのを見ると激しく悔しいのでチラシはこまめにチェックする。

今週のお買い得品はRossmannというドラッグストアのリステリンだ。

定価4.49ユーロのところ、3.99ユーロと50セント引きなのだ。

夫はいつもリステリンを使っているが、私が刺激が強すぎてピリピリするので好きではない。

ところが新発売らしいグリーンティーのリステリンを見つけたので買ってみた。
IMG_2060.jpg

虫歯予防でフッ素配合。マイルドな味。 なんでも日本では未発売らしい。
IMG_2061.jpg

これが本当にピリピリしないし、私でも使いやすい。(緑茶の味はほとんど感じない)

こういう「良い物を見つける」というのも小さな喜びだ。











テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

お気に入りの暇つぶし

もともとパズルが好きな私。

日本では、よくパズル本を買ってやっていた。

クロスワード・数独・間違い探し・・・。

懸賞付きで、解いた後の楽しみもあるのが良かった。


しかしここはドイツ。

日本のパズル雑誌などなかなか手に入らず、半ばあきらめていた。

ところが見つけてしまったのだ。
IMG_2032.jpg

これはいわゆる「お絵かきロジック」で、こっちでは「Nonogram」というらしい。

正直言って絵のクオリティは落ちるが、ドイツ語のキーワードと回答が載っているので、ほんの少しドイツ語の勉強にもなる。

例えばこれは 「Heiße Arbeit」というキーワードで、答えは 「 Schweißer(溶接工)」
IMG_2031.jpg

なんでも日本発祥らしいこのノノグラム。

表紙の絵が日・中・韓ミックスのこけしなのが笑える。



つぶすほど暇があるなら、素直にドイツ語を勉強すれば?という天からの声は“幻聴”という事にしておく。






テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

まるでオーブンのように暑い家

暑い・・・・・。

今週は恐怖の真夏日の連続。 今日の最高気温32℃で、明日はなんと34℃。

最上階の我が家は室温も外気温と変わらず31℃で、暑い日が続くごとに熱を溜めていくので金曜辺りが一番暑いのではと推測される。

偶然隣りの住人とエレベーターで鉢合わせたら、やはり暑さの話題に。

「暑いね~。まるでオーブンの中にいるみたいだね。」

そう、ドイツ人は暑い部屋を“オーブン”と表現する。

日本人だと“蒸し風呂”とか言うが、こっちは湿度が低いので蒸し風呂にはならない。

しかしオーブンと言われると自分が豚になったようで、いささか気分が悪い。 豚の丸焼き・・



こう暑いと、果物。 それもスイカを食べたくなる。

ところが、だ。

4分の1とかにカットされたスイカを買おうと思うと、スーパーが限定される。

今朝もそのスーパーに急いだが、スイカのコーナーは見事に空っぽだった。

忘れていたが、去年も何度も同じ目に遭ったのだった。

たかがスイカ、されどスイカ・・・・。
suika.png

手に入らないと思えば思うほど、食べたくなるのが常である。

カットしたスイカを手に入れる手段として、最後の方法がある。

それは近所のトルコスーパーで買うこと。

何が嫌かというと、カットした物を店先で常温で売っているのだ。

絶対腐っとるやん・・・・と思うと手が出せない。

しかしこのまま買えない日が続くと、夢遊病のようにふらふらとトルコスーパーに行き、スイカを貪り食っている自分が想像できて恐ろしい。





テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

疑惑の手紙

市内の大学病院から手紙をもらった。

まったく心当たりがないが、また何かの検診かと思って封を開けると、そこには意外な内容が記されてあった。



「無作為で選出された方にこの手紙をお送りしています。

 我々は医学的な研究グループで、研究に協力してくださる方を募っています。

 脳波やMRI等の検査を受けて頂き、そのデータを研究に生かします。

 謝礼として100ユーロまでお支払い致します。

 協力して頂ける方はサインしてこの手紙を送り返してください。」
IMG_2008.jpg


一瞬 宝くじに当たりました!!あなたはラッキーです!!!系の怪しい手紙かと思ったが、差出人が大学病院だし、何よりちょっと協力して100ユーロ稼げるなら悪くないか…と思う。

夫に相談したら秒殺。

「そんなあやしい手紙は即捨てろ。」

へいへい。 そうやな、実際ちゃんとした依頼であっても必要もないのにMRIなんか受けたくないしやめとこ。 ポイッ


そして忘れた頃、また同じ所から手紙が来た。

行き違いかと思ったらそうではなく、ちゃんと「先日お願いしました件ですが、もう一度…」と書いてある。

それにしても、なんで私なん???

一回スルーしたらそれで意思表示とちゃうん??

同じ人に出す暇があったら別の人に出してみればええのに…。(夫など、25年もドイツに住んでるのにこんな手紙をもらったことがない)

何故に私に執着するのだろう・・・。

いや、待てよ。

ひょっとしたら奴らは私に関する何かしらのデータを既に持っているのかもしれない。

専業主婦で暇こいてる事とか、

好奇心旺盛な事とか、

脳にまったくしわがない事とか!?Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン




テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる