毛むくじゃらの蜂とムラサキバレンギク

去年の夏、ドイツは例年にない暑さで、スズメバチの1種が大量発生していました。

我先にカフェやレストランで外の席に陣取るドイツ人たちも、さすがに食事どころではなく店内に避難してきたほど。

今年はまだ去年ほどの暑さではなく、その蜂はそんなに見ないのですが、毎年見るのがこのまん丸で毛むくじゃらの“マルハナバチ(Hummel)”。
IMG_1677.jpg
日本にもいるらしいのですが、私はこっちに来てから知りました。

この蜂はドイツ人たちに親しまれ、知人など、手のひらに乗せたりして可愛がったりします。

私はこの蜂を見るといつも♪鬼~のパンツはいいパンツ~♪と歌いたくなってしまいます。

並んで蜜を吸っていたのは、エキナセア(ムラサキバレンギク)の花の上。
IMG_1676.jpg

IMG_1675.jpg

太陽に向かって元気よく咲いていました。

花に倣って人間も、暗い方より明るい方、下より上を向いて歩きたいものです。





スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

ストレス回避行動

金曜から立て続けに3件の傷ましい事件が起きました。

ニュースを見るたび増えていく事件。

もうこんなんじゃ電車に乗れない、買い物にも行けない、小さな町の催しにも行けない、怖い、怖い、怖い・・・・。

そんな思いがぐるぐる巡り、気づけばPCやスマホでゲームばかりしている私。

あの阪神大震災の時も、実家は大した被害がなくライフラインも確保されていたのだけれど、普通のCMが自粛され公共広告機構のCMと現地の惨状ばかりが流れるテレビを見ながらパズルやゲームをしていました。

私にとってのストレス回避行動がゲームやパズルなのです。



あかん。 こんな事しとったら頭がおかしなる・・・・。



そう思って出て行ったいつもの散歩道。

犬の散歩をする人、ベビーカーを押す人、仲良さそうに男性同士で手をつないで歩く人、ポケモンをゲットしている人、今週末のお祭りの準備に励む人、白人、黒人、アジア人・・・・。

そこにはいつもと同じ日常がありました。

ドイツではおなじみの、屋根のない観覧車。 
IMG_0643.jpg

こんなにのんびりした国で、そんなにひどい出来事が起こったなんて信じられません。





テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

老化現象はまつ毛にも

50歳を目前にしていろんな老化を感じるこの頃。

老眼はもちろん、しみ・しわ・たるみ、顔についたタオルの痕が半日は消えません。

最近気になりだしたのが、まつ毛がよく抜ける事。(マスカラやビューラーは全く使っていません)

抜けるだけならまだしも、目に入るので痛いのです。

なんでこんなに抜けるんだろうと思ってググってみると、恐ろしい事に“老化”だと出ました。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

ま・・まつ毛まで老化するのか・・


そこで思い出したのがこれ。 ロレアルのまつげ美容液です。
IMG_1657.jpg

5年位前にまつ毛が少なくなってきたのに気付いて、こちらで購入したもの。 でも先がこんなスポンジなので、きっちり塗れた感じがなく、下手するとまつ毛の上で乾いて糊のようになって白く見えたりしました。
IMG_1659.jpg

白くならなくても固まった感じがあって、無意識にまつげを触ってよけいに抜けてしまう事も。
それでは本末転倒なので、いつのまにか使うのをやめていました。

今回改めてまつげ美容液を探し、dmでこんなのを見つけました。
IMG_1653.jpg 3.95ユーロ

ナチュラルコスメですし、先はちゃんとマスカラのようなブラシです。
IMG_1656.jpg

早速つけてみましたが、悪くない使用感。

ネットで見た口コミは賛否両論でしたが、しばらく使ってみようと思います。

目指せ! ふさふさまつ毛 (* ̄0 ̄)/ オゥッ!






テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

逃げ場のないドイツの夏

今日の最高気温は34℃。
IMG_1650.jpg

日本からしたら大したことない気温ですが、クーラーが普及していないドイツではかなり厳しいです。

私の住まいは7階建ての7階。

つまり屋根のすぐ下に住んでいるので、壁は屋根の一部のようなスレート。
IMG_1651.jpg

まだ涼しい10時前の時点でもやけどしそうなくらい熱くなっていました。

もちろんクーラーなんてないので、こんな日は外より室内の温度が高くなります。

どこかに逃げたいのだけれど、お店でもレストランでもクーラーがない所が多いので、どこにも避難できず。

デパートでこそクーラーがきいていますが、トイレが有料という落とし穴付き (@_@;)

快適に勉強や読書ができるはずの図書館さえ、クーラー無しです。

だから人が集まるのはプールなどの水辺。 噴水があるただの公園さえ、子供たちで芋の子を洗うよう。

いろいろ考えて結局は家でだらだらと過ごすのが一番という結論に落ち着き、トドのようにフローリングの床に転がっています(笑)

朝のうちに買い物に出かけたら、前に歩いていた女性。
IMG_1649.jpg

普通のブラが丸見えでビーチサンダルでぺたぺた歩いています。  おいおい、それでええんか?((+_+))

でもこれもドイツでは珍しくないこと。

若い人ならまだしも、おばさんもお構いなくブラジャー見せまくり、男性は上半身裸で見事なビール腹を披露しまくりです。

そんなもん、見たかぁないわ……(´Д⊂グスン

せめてその腹に顔でも書いて踊ってくれたら、愛嬌もあるというのに。






テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

財布の中が楽しくなるコイン

2ユーロ硬貨には特別な絵柄で作られた記念硬貨があります。

ドイツでは毎年違った州の象徴的なものが描かれた記念硬貨が発行され、普通に流通するのでそれを集めるのも楽しみの一つ。

今年はザクセン州の番で、描かれているのはツヴィンガー宮殿。(写真左) もうこれは何枚も手元に来ました。
IMG_1648.jpg

ところが今日お釣りをもらったら混じっていたのが写真右側の硬貨。

これは2010年発行のスペイン、コルドバのメスキータです。

実際にスペインで見た事があったからピンときたのですが、知らなければ見逃してしまいそうなくらい凹凸が減っています。

これを調べていて目についたのが、ガウディのグエル公園が描かれた硬貨。
Spanien_2014_02_91dae9fb8c_8534d39a06.png※画像はお借りしました


何を隠そう、私はガウディさんの作品に心惹かれ、このトカゲちゃんも大好きなんです。

あぁ、この硬貨が欲しいなぁ・・・

メスキータも来たのだから、スペインに行かなくてもまた手元に来るかもしれません。

もし手元に来たら、それは使わずに永久保存します(笑)

トカゲちゃーん、ドイツにおいで~。 щ(゚Д゚щ)カモーン

いつも記念硬貨が来たら、お釣りでくれたレジの人に“ありがとう”と心の中で思うのですが、もしこのトカゲちゃんを私にくれたら、そのレジの人には抱きついちゃうかもしれません。








テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

変化のない私

かれこれ6年前、ドイツに来た移民に義務付けられたドイツ語コースに通っていました。

そのクラスは全くまとまりのない、仲良くもないクラスで、今でも連絡を取り合う人は1人もいません。

その時のクラスメイトに今でもバッタリ会うことがあります。

会うと、ハグから始まり立ち話をすることに。

不思議なことに「私たち、そんな仲良かったっけ?」と聞きたくなるくらい、フレンドリーなのです。

そして近況を聞くと皆変化が激しい。

子供が増えていたり、仕事をしていたり、引っ越していたり。

まぁ、6年もたてば変わっていて当然なのかもしれませんが、何一つ変わっていない私はその都度「いったい私はなにをやってるんだろう・・・。」という気になってしまいます。

皆それぞれ年齢も環境も違うのだから、比べても仕方がないと分かってはいるんですけどね。

話すと落ち込んでしまうので、できれば元クラスメイトには会いたくないんですけど、というか私に気づいて欲しくないんですけど、クラスで唯一のアジア人だったせいか、皆よく覚えてくれています。

反対に私は黒人はほぼ同じ顔に見えるし、イスラム系のスカーフの人もあまり見分けがつかないのです。

だからと言ってドイツ人がはっきり見分けられるかというと白人もあんまり・・・・要は日本人以外見分けがついてないかも (^^;

でも何やかや言っても、そうやって立ち話をすることが楽しくもあります。

また何かドイツ語を話せる環境を探さなくっちゃ。




道端でよく見かけるクロウタドリ。 ドイツ語ではAmselアムゼルというのですが、とっても良い声で鳴きます。
IMG_1640.jpg





テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

ライン川沿いの人工ビーチ

毎年夏になると現れるもの・・・それは人工ビーチです。

北の方しか海がないドイツでは、公園の芝生の上で水着を着て甲羅干しをする人も多いですが、期間限定でもっと気分が出せるこんな南の島のような一角ができあがります。
IMG_1636.jpg

ハンモックあり、ビーチバレーのコートあり、もちろん川を見ながら寝そべってビールも飲めます。
IMG_1637.jpg

いつも気が付くとできているので、詳しくは分からないのですが、これだけの砂を運んで来るのは大変でしょうね。

冬には“つんつるてん”だった遊歩道の木も茂り、お散歩にはもってこいです。
IMG_1638.jpg

ビーチのない部分も広々としています。 いつも人で賑わっているのですが、この時はよく見るとほぼ等間隔に人が座っていました。
IMG_1639.jpg

たまたま女性ばかり1人ずつ座っていたのですが、京都の鴨川の等間隔に座るカップルを思い出しました。

ベンチや何かの区切りがあるわけでもないのに、なぜかきっちり等間隔をあけて座るんですよね。

私も若かりし頃、一度だけ仲間入りした事があります。(*ノωノ)

今は恐らくとてつもなく暑いであろう京都が、懐かしく思えた午後でした。






テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

どうしても好きになれない習慣

ドイツでどうしても好きになれない習慣の一つに、車のクラクションの鳴らし方があります。

運転していてイラッとしてブーッと鳴らす以外に、特に今のような大きなサッカーの試合がある時、勝ったチームを応援していた人が凱旋パレードよろしく、クラクションをけたたましく鳴らしながら車を走らせるのです。

我が家は大きな通り沿いにあるため、もううるさいのなんの 

いろんな国の人が住んでいるので、ドイツの試合がない日でも必ず終了後に鳴り響くクラクション。

嬉しいのは分かりますが、今の試合は夜9時から。 順調に終わっても11時頃なのに、お願いだから静かに寝かせてくれ~と言いたくなります。


サッカー以外では結婚のお祝いに、なぜかクラクションを鳴らして何台も車を走らせるのです。

昔のように空き缶をガラガラ引きずっているなら微笑ましく、通りすがりでも心から祝福したいと思えるのですけどね。

そんな事を考えていたら、去年出会った、とっても微笑ましい新郎新婦を思い出しました。


そこはこんなおとぎの国のような小さな町。
m1.jpg

このとんがり屋根の建物は市庁舎です。
m2.jpg

おめかしした馬車がいると思ったら
m3.jpg

後ろに新郎新婦が乗っていました。 
m4.jpg

立ち会った方たちが飛ばした、白いハート型の風船。
m5.jpg

幸せのおすそ分けをもらって、こっちまで幸せな気分になれました。 こういうお祝いの仕方の方がよっぽど良いと思ってしまいます。

今日も9時からドイツ対フランス戦。
どっちが勝っても、またうるさいことでしょう。


~おまけ~
この町で出会った優雅な猫ちゃん。 近所の子供にも可愛がってもらっている美人ネコさんでした。
m6.jpg

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

侮れないaldiの売り出し

普段よく利用するスーパーにaldiという激安スーパーがあります。

前の週に翌週のチラシが出ているので、いつもそれをもらって念入りにチェック。

食料品だけでなく、調理器具やバス用品、衣料品まで結構使える物も多いのです。

そして先週見つけたのが、この“大人の塗り絵”。
IMG_1633.jpg
ドイツでもかなり前から流行っていて、本屋に行けばたくさん売っているのですが、買っても結局やらないだろうと買わずにいたのです。

それがaldiでしかも2.99ユーロという安さ。 これなら買ってもいいかなと昼過ぎにお店に行ったらどこにもないのです。

嘘ぉ~ん 

という話を夫にしたら、帰り道にある別の店をのぞいてくれ、買ってきてくれたのがこちら。
IMG_1631.jpg

点から点へ。 って変なタイトルの塗り絵だなと思って開いたら、番号順に点をつないでいくと絵ができるという物でした。
IMG_1632.jpgパンチパーマのマリリン・モンロー。 迫力あるな、おい。

これはこれで楽しいのだけれど、いかんせん数字が小さくて老眼鏡なしでは辛い・・・(´;ω;`)

その店にはこれしか残ってなかったらしいので、ダメもとでもう一軒の店に出向き、これまた最後の一冊を手に入れました。
IMG_1628.jpg

これは普通に塗り絵で、表紙からすると子供っぽい動物の絵ばかりかと思ったらこんなのもありました。
IMG_1629.jpg

IMG_1630.jpg

付いていたCDも普通にリラックスできそうなBGMだし(別に要らなかったけど)、悪くない買い物でしたが、まさか塗り絵がここまで人気だとは思いませんでした。

やっぱり欲しい物がある時は、開店と同時に乗り込まないといけないようです。

でも日本のバーゲンでも苦手なのに、体格のいいドイツ人やあつかましい某国の人たちに混じって勝てる気がしない・・・・。

マジックハンドでも携えて行って、隙間からニョキニョキ伸ばせば、何とかなる・・・かな










テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

励まされて上った階段

実家に滞在していた時、最寄りのJRの駅を幾度となく利用しました。

落ち込んだ気分で行っても、いつも励まされた階段の文章。 等間隔でそれぞれ違う文章が書いてあります。
IMG_1566.jpg

一例。
IMG_1567.jpg
個人的にはこの“おさらばじゃ”がお気に入りです (*´艸`*)
IMG_1568.jpg
くすっと笑ってしまう物もあり、頑張って階段を使おう♪という気にさせてくれました。

私はここでしかこういうのを見た事がないのですが、他の駅でもあるのでしょうか?

ドイツでは駅のエスカレーターやエレベーターが何日も故障したまま使えないという事がよくあるので、階段にこういう文章でも書いておけば少しは気がまぎれるかな (^^;)

フランクフルト空港の駅でさえもエスカレーター&エレベーターが全滅という事がしばしばあります。

きっと修理に来るべき人が休暇中だと、その間放置されるのでしょう。

速やかに対処しないなら、がっかりしながら階段を上る人に、少しでも気持ちを和ませる工夫が必要じゃないかと思ってしまいます。





テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる