熱帯夜の殺意

登場人物

夫; 何事にも執着しないタイプ。 在独26年にして、ほぼドイツ人。

妻; 更年期真っ最中。 良くも悪くも典型的な日本人。


その夜は30℃を超す熱帯夜だった。

クーラーなんて洒落たものは、この国の普通の住居にはまだまだ浸透していない。

何度「暑い。」と言った事だろう。

言っても涼しくならないことは百も承知なのに、つい口をついて出る。

午前中はまだいい。

最悪なのは夕方以降だ。

21時頃雷とともに激しい雨が降った。

あぁ、これで少し涼しく…・・・・ならなかった。

22時頃ベッドに入る。

いつも驚異的に寝つきの良い夫はあっという間に夢の中だ。

妻は最近の習慣で、横になってから本を読む。

今日は入眠導入サプリも飲んで準備万端だ。

東野圭吾はやっぱり面白いなぁ…と思いながら、数日間ちょびちょび読んでいた小説を読み終える。

ちょうど眠くなってきたのでこれなら眠れるだろう。


あづっ "(-""-)"

あまりの暑さにブワっと起き上がったら首筋や額が汗だく。

忘れていたが、これが熱帯夜というものだった。 時間は午前1時43分。

隣の夫を見ると、おでこには「冷えピタ」頭の下には「アイスノン」を当てて、気持ち良さそうに眠っている。

邪魔する髪もないので、冷えピタが張りやすくていいな・・・。

そんなことを思いながら妻はごそごそと起きだし、水を飲み、扇風機を取り出した。

弱風にしてタイマーをセット。

扇風機の風は体に良くないんだけど・・・と思いながらしばらくするとまどろんだ。

と、その時

ぷっすぅ

ギャー \(゜ロ\)(/ロ゜)/

夫の尻の穴から臭気ガスが出たのだ。

寝ながらにしてかくも最高のタイミングを見計らって放屁する技は、いったいどこで獲得したのだろう。

その衝撃と匂いとでまたしても目が覚めた妻は、呆然とした。

そして翌朝、一部始終を夫に話すとケラケラとそれは楽しそうに笑った。

笑えるのも今のうちだという事を、奴はまだ知らない。 (-_-メ)





スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

日曜の苦行

日曜ごとに夫のワイシャツにアイロンをかける。

家事全般に好きではないが、特にアイロンがけは大嫌い。

寒い季節はまだいい。

いきなり真夏の陽気になったクーラーのないドイツで、室温30℃の中でかけるアイロンほど嫌なものはない。

何度言ってもスーツ着用をやめることは聞き入れられない。

社長すらスーツを着ないのに、社内でただ一人、頑なにスーツを着る夫。

本人曰く「スーツを着ると仕事のスイッチが入る。」のだそうだが、迷惑このうえない。

そのスイッチ、どうか他で入れてくれないだろうか。

アイロンをかけてやらなければ、自分でやるという選択肢はなく、しわしわのまま着ていかれる。

そうすると、私の立場がないではないか。



周りはドイツ人ばかりなのだから、シャツがしわしわでも誰も気が付かないだろう…という予想は大いにはずれた。

アイロンではないが、以前毛染めをしているときに誤って夫のシャツに染料を付けてしまったことがある。

袖だったし、きっと誰も気づかないとそのまま着て行かせたのだが、速攻で聞かれたというのだ。

その聞いてきた相手も今まで夫の髪型が変わろうが、スリーピースを着ようが、何も言ってこなかったのに、その時だけ言ってきたというのだ。

ムムム・・・・侮れん "(-""-)"

その人はきっとしわしわシャツに気づいて、敢えて言わないという方法を取るだろう。

かくして毎日曜日、アイロンをかける苦行は今も続いている。

明日の予想気温は36℃。  暑いよ~ (;´Д`)







テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

寄り道シュパーゲル

Hessenparkからの帰り道、電車を途中で降りてOberursel オーバーウアゼルという町に行った。

目的はビール屋さんでシュパーゲルを食べること。

その前に中心部、マルクトプラッツに寄る。
h12_20170524195454600.jpg

さっきまでいた野外博物館と大差ないのがすごい。
h13_20170524195509213.jpg

ドイツでは本当によく古い町並みが保存されている。

もうちょっと旧市街の方まで行きたかったけど、夫がイライラしているので諦める。 くそ~( 一一)

そして着いたビール醸造レストラン。Alt-Oberurseler Brauhaus
h14_20170524195522984.jpg

ピカピカのビール樽が見える。
h15_20170524195534ec6.jpg

樽出しの生ビールとリンゴジュースの炭酸割り。
h16_20170524195554213.jpg

そしてシュパーゲル(白アスパラ)料理。 私の選んだミックスサラダ。
h17_20170524195613c58.jpg

夫のシュパーゲルとローストビーフにFrankfurter Grünesoße(フランクフルトのグリーンソース)。
h18_20170524195630121.jpg

家でももちろんシュパーゲルをフライや土佐煮なんかで食べてはいるが、シーズン中に一度はレストランで食べてみたくなるのだ。

ちょっと値段はお高めのこのお店。

とても広い店内に加え、ビアガーデンもあって多くの人で賑わっていた。

丁寧な対応で、ビールも美味しい。

残念なのは夫の方に付くべきチャバタが私のサラダに付いていた事。

最近とっても辛口な夫。 ローストビーフに火が通り過ぎだのなんだのと難癖をつける。

私ゃ、あんたの血の滴るローストビーフの方が苦手やわ。"(-""-)"







テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

続ヘッセン野外ミュージアム

前回の続き。

こんな昔風の村の中を進むと、様々な建物が現れる。
h9_20170523221841e42.jpg

今でいう“煙突掃除人”のような格好で木を切ったり削ったりしていた人達。
h7_20170523221812d9d.jpg

雑貨屋さんの中。
h10_20170523221858d7d.jpg

オランダほどではないが、昔のドイツにも風車があった。
h8_20170523221826937.jpg

メインシーズンは週末ごとに何かしらのイベントがあるようで、この日は木組みの家の建て方や修繕についての説明があった。
自分で建てようと思っているのか、熱心に聞く人々。
h11_201705232219243b1.jpg

こういう街並みなら、まだあちこちに残っているドイツ。

ならばわざわざ野外博物館に行かなくてもいいのではと思ったりもしたのだが、やはり昔の暮らしぶりや道具を知る事ができるのがいい。

しかし夫は最後まで一人8ユーロの入場料にご不満だった。 だから一緒に行くの嫌なのよね…ブツブツ"(-""-)"





テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

ヘッセン野外ミュージアム

さわやかに晴れて気温も22℃とちょうど良かった昨日、夫を連れてHessenpark (ヘッセン野外博物館)に出かけた。

ヘッセンというのはドイツの州の一つで、どこの州にも同じような野外博物館がある。

日本でいうところの“明治村”みたいなものだ。

以前ラインラント・プファルツ州のに行ったが、それはそれはショボかった。

ヘッセンはお金持ちなのか、立派なものである。 入ってすぐのマルクトプラッツ。
h1_2017052217402524a.jpg

ぐるっと噴水を取り囲むように並ぶ木組みの建物と屋台。
h2_201705221740393cc.jpg

h3_20170522174049cb6.jpg

いろんな種類のマスタードとオイルを売るお店。
h6_20170522174136ac4.jpg

他にもパン屋、肉屋、花屋、八百屋さんなどの屋台があり、イチゴが飛ぶように売れていた。

うちは生のイチゴは持って帰るのに大変なので、ジャムを購入。
IMG_2011.jpg
左から“ミラベルと生姜”“イチゴとチリ”“桃とローズマリー”。

園内はとても広く、アップダウンがありいい運動になる。

あちこちの建物に展示がしてある中、私の興味は民族衣装。
h5_20170522174121630.jpg

オクトーバーフェストなんかで見かけるディアンドルという民族衣装よりこっちの方が好み。

昔の切手も民族衣装。
h4_201705221741022ed.jpg

園内に郵便局があり、オリジナルの切手を買ってそこで投函するとスタンプを押してもらえるらしかったが、人がいっぱいで断念。

長くなるので次回に続く・・・







テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

チョコミント ミューズリー

時々朝食にミューズリーを食べる。

コーンフレークよりも体に良さそうで、ザクザクと噛みごたえがあるので腹持ちがいい気がするのだ。

今までいろいろ試したが、基本的にはチョコ系が好きで、先日までは“チョコバナナ”のミューズリーを食べていた。

何の気なしにそのメーカーのHPを見たところ、“チョコミント”味が出ているのを知った。

さっそくスーパーへ急ぐと、あった!(^◇^)
IMG_2009.jpg

お味はそれほどミントが強くなく、結構美味しい。

しかし、それは私がもともとチョコミント好きだからかもしれない。

とある日本のバラエティで、“パクチー”と同じ扱いで“チョコミント”が好きか嫌いかを街角で尋ねていた。

すると嫌いと言う人多数。

それまで何の疑いもなく好いていた私は驚愕した。 Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

そ・・・そんなに嫌われ者だったのね…。

なんでも歯磨き粉を食べてるみたいだとかいう理由で嫌いな人が多いらしい。

私は甘い中にもスッキリ感があって好きなのだけどね。


ともかくこのチョコミントミューズリーは今年の味らしいので、買えるうちにせっせと買っておかなければ






テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

ぶれない可愛さ

定期的に訪れる植物園。

目的は花よりリス。

昨日もいきなり走り回るリスたちに出会えた。
P1180347.jpg

大きなお口で木の実をくわえている。

木から降りてあたりをキョロキョロ。
P1180352.jpg

後ろ姿でしっぽが見えないと、ミーアキャットみたいだ。

地面をほりほりしては、パクッ。
P1180354.jpg

よく「リスは隠し場所を覚えてない」なんて言われるが、この仔はちゃんと覚えていたのだろうか。
いや、それともまぐれか?

いずれにしても見ていて飽きない可愛さだ。

今はこの黄色い花が盛り。
P1180355.jpg

無料でゆっくりできて、リスに会えるこの植物園はお気に入りなのだが、大学の敷地内にあるのが玉に瑕。

これからの季節、若い恋人同士があちこちにいて、おばちゃんはドギマギしてしまうのである。




テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

疑惑の手紙

市内の大学病院から手紙をもらった。

まったく心当たりがないが、また何かの検診かと思って封を開けると、そこには意外な内容が記されてあった。



「無作為で選出された方にこの手紙をお送りしています。

 我々は医学的な研究グループで、研究に協力してくださる方を募っています。

 脳波やMRI等の検査を受けて頂き、そのデータを研究に生かします。

 謝礼として100ユーロまでお支払い致します。

 協力して頂ける方はサインしてこの手紙を送り返してください。」
IMG_2008.jpg


一瞬 宝くじに当たりました!!あなたはラッキーです!!!系の怪しい手紙かと思ったが、差出人が大学病院だし、何よりちょっと協力して100ユーロ稼げるなら悪くないか…と思う。

夫に相談したら秒殺。

「そんなあやしい手紙は即捨てろ。」

へいへい。 そうやな、実際ちゃんとした依頼であっても必要もないのにMRIなんか受けたくないしやめとこ。 ポイッ


そして忘れた頃、また同じ所から手紙が来た。

行き違いかと思ったらそうではなく、ちゃんと「先日お願いしました件ですが、もう一度…」と書いてある。

それにしても、なんで私なん???

一回スルーしたらそれで意思表示とちゃうん??

同じ人に出す暇があったら別の人に出してみればええのに…。(夫など、25年もドイツに住んでるのにこんな手紙をもらったことがない)

何故に私に執着するのだろう・・・。

いや、待てよ。

ひょっとしたら奴らは私に関する何かしらのデータを既に持っているのかもしれない。

専業主婦で暇こいてる事とか、

好奇心旺盛な事とか、

脳にまったくしわがない事とか!?Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン




テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

異国で老いるという事

異国で老いる。

これは思った以上に大変そうである。

ボランティア先で見る異国出身の方々。

といっても数は多くないし、イタリア・ハンガリーなどヨーロッパからであるが、それでも彼らは馴染めない様子だ。

例えばレクリエーション。

皆で歌を歌いましょう♪

ドイツ人なら誰でも知っている歌を歌う。 

異国出身の人は、ほぼ歌えない。 たまに自国の歌を歌ってみても、誰も聞いてくれない。


皆でゲームをしましょう♪

サイコロを振ってカードをめくり・・・「はい、鼻がつく慣用句を一つずつ答えましょう。」

分からないので答えられない。


季節の行事をしましょう♪ 

「土曜にはマイバウムを立てますから皆さん参加してくださいね~。」

マイバウム?何それ? 興味ない。


そして何にも参加しなくなる。


ドイツ語もどんどん怪しくなる。

出だしこそドイツ語でも、すぐに母国語に変わってしまう人。 ごちゃまぜで喋ってしまう人。

伝わらないストレスもあってか、不機嫌になり、大声で怒鳴り、時には攻撃的になる。


介護する人には、体が小さくて、いつもニコニコしている人が好かれる。

言葉が通じないと、それだけで足が遠のくのが現状だ。



もともと一人でいたい人もいる。

それならストレスが少ないかというと、そうでもないかもしれない。

食事が違う。 ドイツでは晩御飯はほぼ朝食と同じ、パンとハムとチーズとかの質素な物なのだ。

短期間なら耐えられるかもしれない。

でも終わりが見えない時間、それがずっと続くと辛い。


お金があって、立派な施設に入居できた人でさえそうなのだから、独居老人になったりするともっと厳しいだろう。

自分で自分の事ができるうちはいい。

誰かの手を借りなければならなくなった時、それが問題だ。


日本を離れる時、老後の事まで深く考えなかった。

ひな祭りや盆踊りなどの行事があり、「ふるさと」を歌い、おまんじゅうがおやつに出るのは日本だからなのだ。




テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

うっかり中世の遺跡に迷い込む

見知らぬワンコに馬鹿にされ、ふと振り返るとMuseum (博物館)の文字。

何やらインフォメーションも兼ねているようなので、トイレを探しに行ってみる。

暇そうなおば様が二人鎮座ましましておられる中、切羽詰まった表情の私。

いきなりトイレの場所を尋ね、無事に用を済ませたら、せっかくだから博物館に入っていこうかと思い立つ。

コンビニでもトイレを借りたらガムの一個でも買うのだから、やはりそれぐらいはするべきだろう。

かくしてさっぱり興味のない博物館に入る。 入場料3ユーロ。

予想通りあっという間に見終わって帰ろうとすると、おば様に呼び止められ、パンフレットを頂く。
なんでもこの周りにぐるっと遺跡があるから、是非見ていきなさいと仰せだ。
IMG_2005.jpg←パンフレットより

そう言われると急にその気になり、歩き始めた。

すると、遺跡の壁からにょきっと現れる家。
IMG_1979.jpg

屋根から伸びる遺跡。
IMG_1982.jpg

なんかここ、面白い 

その後もパンフレットに従ってうろうろしていると、家の軒先を通りがかって日向ぼっこをしているおじいちゃんと挨拶したり、まるで中世の世界に迷い込んだようだ。
IMG_1986.jpg

IMG_1988.jpg

遺跡を壊さず、そのまま利用しながら現在の普通の暮らしが営まれている、なんとも不思議な空間だ。
IMG_1999.jpg

駅から遺跡までは1.5㎞離れているだけなのに、駅前とは全く違う時間が流れている村がここにはある。



余談だが、Kaiserpfarzが“カール皇帝の居城”という意味だと私が知ったのは、家に帰ってからだった。

誰かと一緒に行く時は、抜かりの無いように全部調べ上げて行くのが常だが、たまにはこんな行き当たりばったりも愉快 (^^♪









テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる