FC2ブログ

20数年ぶりのフランスで思った事

たった1泊2日の旅行だったのに、しつこくフランスの事を書いています。


ドイツに住んでからアルザスには行った事がありますが、アルザスはドイツ語も通じるし何も不自由な事がありませんでした。

今回行ったのはロレーヌ地方。 あちこちでドイツ語表記はあるものの、ドイツ語をしゃべる人はほとんどおらず、それが面白くもありました。

そんな私が感じたフランスをまとめてみます。


まず思ったのは、フランス人どんだけバゲット好きやねん

どこもかしこもパン屋で、しかもバゲットだらけ。 しかもそのバゲットを包装もせず、手で持つあたりだけにくるっと紙を巻いてそのまま持ち歩く。

当然あちこちにぶつけたりするのだけど、そんなことはお構いなし。

私はバゲットが嫌いではないですが、硬いので食べにくいと思ってしまいます。 お年寄りも皆バゲット好きなフランス人は、さぞかし歯が良いのでしょうね。
 

次にフランス人 信号守ろうや

驚いたことに、ほぼ100%の人が信号を守らないんです。

ドイツでも私の見る限り半分くらいの人が赤信号で渡りますが、それの比ではありません。

パトカーが通っても、何のお咎めもなし。

あの国に信号機が要るのかどうか、はなはだ疑問です。


そして歩きタバコはやめて~

ドイツでも歩きタバコに日々悩まされていますが、フランスではもっと多いような気がしました。

タバコは吸う、信号は守らない、ごみは捨てる・・・・もはや無法地帯です。


悪いことばかりではありません。 フランス人、結構親切やん

そうなんです。 昔は“英語が喋れても絶対にフランス語しか喋らない”と言われていたフランス人。

今回接した人は英語が分かる人は英語。 できない人はフランス語だけど、身振り手振りでなんとか伝えようとしてくれました。

こちらがフランス語ができないと分かっても、ドイツのようにため息をつかれることもありませんでした。

これがパリではなく地方だからなのかどうか分かりませんが、今回の旅で私の中のフランスのイメージは少し変わりました。


最後に市場で食べたランチの写真を。 キッシュロレーヌが品切れで、代わりに勧められたミートパイ。
43.jpg

夫が食べたベックオフ。 いわゆるフランス風肉じゃがです。
44.jpg

たまたま隣りで同じベックオフを食べていたドイツ人が「僕はじゃがいものスライスをスープに入れて食べるのは初めてだ。」と言っていたのがおかしかったです。

ドイツではじゃがいものスライスはBratkartoffelnですもんね。(^^;

スポンサーサイト
プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる