普段着でキャッチボール

以前別のところのブログ記事に、自分のドイツ語との闘いを野球に見立てたものを書きました。

それは次のようなもの。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆見逃し三振
 相手の言っている事がさっぱり分からず、一切何の反応もできないさま。

☆空振り三振
 何か話そうとはするが、口がパクパク動くだけで何も言えないさま。

☆振り逃げ
 事前に調べて自分の言いたいことだけは言えるが、相手の言ったことが分からずごまかして逃走するさま。

☆ぼてぼてのピッチャーゴロ
「えーと・・」「うーんと・・」と途中で悩みながら必要以上に時間をかけて1つの文章を話せるさま。
  しかもその文章は前置詞・動詞の変化など、どこかしら間違えている。

☆自打球
 自分が言った言葉が正しくなかった、あるいは全く理解してもらえず落ちこむさま。

☆盗塁
 相手の意表をつき、的確なドイツ語を話して驚かせるさま。 内心ガッツポーズ。

☆ライン上きわどい所でファウル
 正しいドイツ語をしゃべると見せかけて、一番最後の重要な単語を忘れ、相手をこけさせるさま。


本来なら会話は楽しめるものですが、私にとってのドイツ語会話はまだまだユニホームを着、ヘルメットをかぶってバットを持って・・・準備万端にしてからでないと挑めない試合のようなものなのです。

思い返せばドイツに来た当初はずっと「見逃し三振」でした。

徐々に段階を踏んで今はやっと「ピッチャーゴロ」や「ぎりぎりでファウル」が多くなってきたように思います。

本当の野球と大きく違うのは“勝つこと”を目的としていないこと。

あくまでも目標は“普段着でキャッチボール”なのです。

いつの日か電子辞書を手放し、ガチガチの頭も体も緩めて楽しく会話のキャッチボールができるようになるといいなぁ・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とここまでなのですが、改めて見てこれが3年前だったことに愕然としました。

実のところ、今もあんまり変わってないのです💦

変わったことといえば、ユニフォームに着替えずに普段着にサポーターくらいの出で立ちになったことと、電子辞書を持ち歩かないくらいでしょうか。

つい先日も初対面の早口のドイツ人と会話し、終わる頃には千本ノックを受けてゼーハー言ってる気がしました。 もうへとへと・・

それでこの記事を思い出したのです。

サポーターを外し、笑ってキャッチボールが続けられる日はまだ遠そうです。

baseball_girl.png


スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる