長距離フライトの後はスーパー銭湯でふやける

フランクフルトから関空への直行便は1択。

昼過ぎに出て翌朝9時前に到着するパターンしかない。

これがもうしんどいのなんの。

機内で眠れないまま、さらにもう一日活動しなければいけないのだ。

私自身は実家に戻るだけだからそのまま帰ったが、さすがに夫にこれは辛い。

さりとてホテルはどこも15時チェックインで、早く部屋に入れてもらおうとすると別料金がかかる。

そこでひらめいたのが、宿泊もできるスーパー銭湯

ここならチェックインまで荷物を預かってくれる上に、お風呂にも入れるのだ。

今回利用したのは「神戸ハーバーランド万葉倶楽部」。(全国に系列施設あり)

“手ぶらでお越しください”というふれこみ通り、何も持って行かなくても全部がそろっている。

とりあえずお風呂に入り、男女一緒にいられるリラックスルームで落ち合う。

すぐ眠りに落ちる夫

私はテレビを見たりしてごろごろしていた。

すると、何やらガサガサ音がする。

しばらくするとプーンといい匂い。


なんと食事禁止のリラックスルームの中で、「蓬莱の豚まん」に食らいついているおっさんがいるではないか Σ( ̄ロ ̄lll)

よりによって、なんでそんな匂いのきつい物を食べる???

夫は相変わらず熟睡中なので置き去りにし、漫画を読みに行った。

しかし日本人のモラルも低下したもんだ。┐(´д`)┌


肝心のお風呂は十分に楽しめたし、屋上に展望足湯もあるし、朝食バイキングも充実しているし、とても良かった。

お部屋も十分な広さ。
m1_20170304161221b4f.jpg

さらに良いのは外出できること。

何せハーバーランド内にあるので周りにはレストランも充実。 好きな物を食べ、買い物もしてまた温泉という幸せ。

今後の一時帰国では必ず訪問する場所となるだろう。




スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる