どうぶつ王国の醍醐味

どうぶつ王国の続きです。

イベントスケジュールも目白押しなどうぶつ王国。

ワオワオトークというイベントに行ってみたら、上の方からわらわらと現れるワオキツネザル。
h8_20170311215101995.jpg

地上に降りたらびよーんびよーんと飛びながら、餌をくれる係員さんのもとへ。
良い場所を取れると、こんなに近くに来てくれる。
h9_201703112151207f1.jpg

食べ終わったら島に行き、このポーズ。
h10_20170311215135d6e.jpg

おっぴろげで何をしているのかと思ったら、これが彼らの日光浴なのだそう。
てっきりスコティッシュフォールドがやる、おっさん座りかと思った(^^;

ナマケモノもすぐ目の前。
h11.jpg

レッサーパンダはちょっと遠いけど、棒を使ってエサやりができたり。
h12_20170311215222f4d.jpg

さてこの方は誰でしょう?
h14_201703112153057d2.jpg

正解は、あちこちで行き倒れるカンガルー。
h15_2017031121533410d.jpg

アルパカのお散歩に行ってみたら、散歩の後に記念撮影タイムがあり、お雛様のセットで3枚も撮って頂いた。
h13_20170311215245d31.jpg

そうだ!カピバラを見忘れた!と急いで行ったら、なんと入浴中。
h17_20170311215421271.jpg
ババンババンバンバン♪ は~びばびば

おでこに花びらを付けて、お湯から上がってきたこの子。 さすが、モデル慣れしている。
h16_20170311215400c13.jpg

一通り回ったところで母が疲れてきたので退散。 それでも十二分に楽しめた。

私が実家近くに住んでいたら、間違いなく年間パスを買うだろう。

動物達のおかげで母も楽しんでくれ、夫と3人のかけがえのない思い出ができた一日となった。

しかし、ワオキツネザルがびよーんと飛ぶ姿。
私にはどうしても「やーいやーい、お前の母ちゃんでーべーそー」と囃し立てるいじめっ子に見えて仕方ない。
彼らに囲まれて飛ばれると、泣いてしまうかもしれない。






スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる