何事もスムーズにいかないドイツ

先月から悩まされていることがある。

それは乳がん検診。

自主的には行かないが、いろいろ気になるお年頃なので、行くこと自体はやぶさかではない。

手紙が来て勝手に指定された日時は絶賛一時帰国中。

行けるはずがないので、予約変更の電話を夫にしてもらうと「あなたは本人じゃないでしょ?!本人としか話せません!」ガチャ!

いやいやいや・・・。

日時を変更してもらうだけやのに、なんで本人でないとアカンのか。

そこをちゃんと説明されないまま、一方的に電話を切られたらしい。

私が一番苦手なドイツ語での電話を頑張るしかないか・・・・ともう一度手紙を見直したら、その前に別のところに確認しないといけない点が発覚。

そこにまた電話をかけてもらっているのだが、これがもう本当にらちが明かない。

「ただいま担当者が不在でして…。」と電話に出た人に用件を伝え、「折り返し連絡致します。」を待てど暮らせど何の音沙汰もなし。

日本に行ってしまうと連絡が取れないからと、もう一度かけてもらったが別の人が出てまた同じことの繰り返しで何の音沙汰もないまま日本へ行った。

今度の検診は2年後か…(´Д`)ハァ…とあきらめていたら、何事もなかったように来週の日時指定でもう一度案内の手紙が来た。

そして昨日、3度目の電話をかけてもらったが、また担当者がおらず(もしかすると幽霊社員???)折り返しを待っている。

はてさて、来週の期日までに返事がもらえるのだろうか。

日本にいると難なくできる事が、とっても多難なドイツ暮らしである。




スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる