格安ツアーの恐怖

「てるみくらぶ」という旅行会社がえらいことになっている。

ドイツにいたから知らなかったが、この旅行会社の広告は普通に新聞の数ページに掲載されていたらしい。

日本にいたら、私も確実にひっかかっとったな・・・・。(^^;

テレビでは格安ツアーについて、そのからくりを語っていた。

行きたくもない土産物屋に何軒も行かされ、そこでよそより高額な土産を買う羽目になると。



それで昔の話を思い出した。

まだネットも普及しておらず、英語も話せない私たちが海外に行くのに利用するのはもちろん旅行会社のツアー。

なんとなく怖いので、名前の通った旅行会社のみを利用したが、いろいろあるランクの中いつも一番安いツアーを選んだ。

香港に行った時のこと。

例によってあちこち土産物屋に連れていかれ、どこでも店員がつきまとってうっとおしかった行程で、最後に行ったのが漢方薬の店。

9人のツアーだった私たちは店の奥に連れていかれ、パタンと扉を閉められた。

店員に囲まれ、片言の日本語で“日本から届いたお礼の手紙”なるものを散々見せられ、いかに自分たちの扱う漢方薬がすごいかについて聞かされる。

すると今度はまたマンツーマンで、「あなたにはこの薬が合うと思うよ。」と一方的に選んだ薬を勧め押しつけられる。

ちなみに私に押し付けられたのは「やせ薬」だった "(-""-)"

「おいおい、その一択かい」と腹が立ち、何よりそのやり方が怖くて逃げだしたかったが、断ってもぐいぐい迫られて困っていた時、一人の男性が「買いたい人いる?いなかったら出よう。」と口火を切ってくれて、ようやく解放された。

あの時ほど男性をたくましく思ったことはない。

もしあのツアーに男性がいなかったら、欲しくもない漢方薬を買わなければ逃がしてもらえない状況に陥っていただろう。

私の場合は笑い話ですんだが、今回の被害に遭われた方は本当にお気の毒だと思う。

せめて海外で帰れなくなっている人達が、少しでも早く無事に戻ってこれますように。

IMG_1931.jpg




スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる