ドイツ人は力持ち

こっちに住んでいると、何もかもが大きすぎると感じる。

トイレに入って便座に座ると足が床につかない。

鏡の位置が高すぎて、頭しか見えない。

スーパーで上の方に陳列されているものに手が届かない。

ドアが重すぎて開かない。

そして生活上欠かせないミネラルウォーターのペットボトル。

1.5リットルが6本パックになっているので、1パック9㎏ぐらい。
IMG_1951.jpg

もちろんばらして1本ずつ買えるのだけど、こっちの人は女性でもこれをひょいっと片手で持つ。

その話を夫にしていたら、夫の同僚女性はこれを片手に2パック平気で持つらしいのだ。

さすが・・・ドイツ人。

オクトーバーフェストで1リットル入りのビールジョッキを鷲掴みにして持ち歩ける人たちなのだから、その腕力たるや、素晴らしい。



ボランティア先での出来事。

体が大きい方の車いすを押そうとした時、1ミリも動かなかった。

えらいきっちり効くブレーキやなぁと思ったら、なんと、ブレーキはかかっていなかった。 Σ( ̄ロ ̄lll)

特別な車いすに乗っておられるのだけど、その体重は3桁に違いない。

「今度散歩に行きましょう。」と約束していたのだけど、残念ながら私には平地の施設内以外は押せそうにない。



日本で母に車いすを借りた時、その小ささに驚いた。

まるでおもちゃのようなその小さい車いすに難なくおさまる母を見て、小さくなったなぁ…と思ったものだが、自分の基準がドイツに合っていたから余計にそう思ったのだろう。

いずれにせよ、ゲルマン民族との違いは大きい。

毎回肉とジャガイモで色どりの全くないの昼メニューを見ながら、つくづく思った昼下がりであった。








スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる