お気に入りのドイツ靴

数少ないが、ドイツ製で気に入っている物がある。

その一つがこのRieker リーカーの靴だ。
31FIiD3EDtL._AC_UL260_SR200,260_

こういうタイプの靴を、もう5年くらい履いているが、一向にくたびれない。

価格は50~60ユーロくらいだし、足も疲れにくく、脱ぎはきしやすいのもメリットだ。

なので、夏用に少しスリットの入った物を新調した。
514vcnvq0pL._AC_UL260_SR200,260_

そして日本のウォーキングシューズや“ミセス用の靴”はいかにも年寄り向けな物が多いが、それよりは見た目も良い(と思う)。

在独日本人の中にもリーカーファンが多く、偶然お互いにリーカーの靴を履いているのに気付き、盛り上がったことがある。

女性に大いなる喜びをもたらす“共感”だ。

それまでは自分で気に入って履くだけで人に薦めたことなどなかったが、それ以来薦めるようになり、夫も今は愛用している。

日本でも買えるようだが、こっちで買うより3倍くらい高い値段が付いていてびっくりした。


びっくりしたと言えば、自分の感覚。

最近はデパートでも袋にお金がかかるようになり、靴を買った時に「袋は10セント。」と言われ、「結構です。」と断って、カバンにじかに靴を入れて帰ったことだ。

家で落ち着いて考えてみると、いくら売り場とは言っても誰かが試着するときは床を踏んでいるわけで、その靴を(ビニール袋も持っていたのに)じかにカバンに入れるなど、日本人ではあまりやらない事だと思う。

ここドイツでは普段履いている靴をそのままリュックに食べ物やなんかと一緒に入れるのも珍しくないのであるが、もはや私もその一段階目にさしかかってしまったのかも。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン








スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる