疑惑の手紙

市内の大学病院から手紙をもらった。

まったく心当たりがないが、また何かの検診かと思って封を開けると、そこには意外な内容が記されてあった。



「無作為で選出された方にこの手紙をお送りしています。

 我々は医学的な研究グループで、研究に協力してくださる方を募っています。

 脳波やMRI等の検査を受けて頂き、そのデータを研究に生かします。

 謝礼として100ユーロまでお支払い致します。

 協力して頂ける方はサインしてこの手紙を送り返してください。」
IMG_2008.jpg


一瞬 宝くじに当たりました!!あなたはラッキーです!!!系の怪しい手紙かと思ったが、差出人が大学病院だし、何よりちょっと協力して100ユーロ稼げるなら悪くないか…と思う。

夫に相談したら秒殺。

「そんなあやしい手紙は即捨てろ。」

へいへい。 そうやな、実際ちゃんとした依頼であっても必要もないのにMRIなんか受けたくないしやめとこ。 ポイッ


そして忘れた頃、また同じ所から手紙が来た。

行き違いかと思ったらそうではなく、ちゃんと「先日お願いしました件ですが、もう一度…」と書いてある。

それにしても、なんで私なん???

一回スルーしたらそれで意思表示とちゃうん??

同じ人に出す暇があったら別の人に出してみればええのに…。(夫など、25年もドイツに住んでるのにこんな手紙をもらったことがない)

何故に私に執着するのだろう・・・。

いや、待てよ。

ひょっとしたら奴らは私に関する何かしらのデータを既に持っているのかもしれない。

専業主婦で暇こいてる事とか、

好奇心旺盛な事とか、

脳にまったくしわがない事とか!?Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン




スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる