続ヘッセン野外ミュージアム

前回の続き。

こんな昔風の村の中を進むと、様々な建物が現れる。
h9_20170523221841e42.jpg

今でいう“煙突掃除人”のような格好で木を切ったり削ったりしていた人達。
h7_20170523221812d9d.jpg

雑貨屋さんの中。
h10_20170523221858d7d.jpg

オランダほどではないが、昔のドイツにも風車があった。
h8_20170523221826937.jpg

メインシーズンは週末ごとに何かしらのイベントがあるようで、この日は木組みの家の建て方や修繕についての説明があった。
自分で建てようと思っているのか、熱心に聞く人々。
h11_201705232219243b1.jpg

こういう街並みなら、まだあちこちに残っているドイツ。

ならばわざわざ野外博物館に行かなくてもいいのではと思ったりもしたのだが、やはり昔の暮らしぶりや道具を知る事ができるのがいい。

しかし夫は最後まで一人8ユーロの入場料にご不満だった。 だから一緒に行くの嫌なのよね…ブツブツ"(-""-)"





スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる