ドレスデン 名物ケーキと芸術村

旧東ドイツ、ドレスデン。

ここには結婚前に一度来たが、思い残しがたくさんあった。

そのうちの一つが名物ケーキを食べること。

市内ならあちこちで食べられるそのケーキ。 
迷った末に選んだカフェは「世界一美しい牛乳屋さん」とギネスにも認定されているお店だ。

外観は地味で、大型バスが停まっていないと通り過ぎてしまいそう。
d1_20170614201153746.jpg

店の1階はグッズなどを売るショップになっており、その部分の装飾がヴィレロイ&ボッホのタイル張りで素晴らしいのだが撮影禁止。

2階はカフェで人も少なく撮影OKだが、わりと普通なのが残念である。
d3_201706142012207c0.jpg

これがドレスデン名物のアイアーシェッケというチーズケーキ。
d2_2017061420120886d.jpg
甘さ控えめで美味しいが、普通のチーズケーキとの違いがよく分からなかった。

結構楽しみにしていたこのカフェ。 もっとテンションが上がるかと思ったが、意外にふーん・。・という感想で終わってしまった。


そこからさして離れていない所にある、クンストホフパッサージュ。

ここには「動物」「変化」「光」「色」「エレメント」という5つのテーマのセンスあふれる建物が集まっている。
d4_20170614201232b32.jpg

この水色のアパートは雨といを使い、楽器のように見せている。
d5_201706142012440ba.jpg

こちらも同じく「変化の中庭」にあるアパート。
d6_201706142012561b2.jpg

エジプト風味の壁画。
d7.jpg

「動物の庭」にある、アフリカチックなアパート。
d8.jpg

キリンと猿に、切れているが上の方には鳥がいる。
d9.jpg

芸術など1ミリも分からないくせに、こういう遊び心があるような作品が好きなので、結構楽しめた。

もしもここに住めるなら、アフリカチックなアパートがいいな。






スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる