ベタなドレスデン観光

牛乳屋さんと芸術村はドレスデンの新市街。

ドレスデンと言えばの観光スポットがある旧市街に移動し、駆け足で回る。

まずはゼンパーオーパーという歌劇場。
k1_20170616182421109.jpg

その前にいらっしゃる、チベットの僧らしき皆さんにどうしても目がいってしまう。
k2_201706161824360b3.jpg

ドイツでは時々こういう方が観光されているのだが、サンダルを履いてスマホやデジカメを持っている姿はちょっと想像と違っている。

案外自由なのね・・・・。

カトリック旧宮廷教会とドレスデン城。
k3_20170616182449cb9.jpg

城内には有名な「緑の丸天井」という宝物館があるらしいが、まるっとスルー。

2006年に再建されたフラウエン教会。 戦争で粉々になったのを、パズルのように積み重ねて造りあげられたらしい。
k4_201706161825142dd.jpg

マイセン磁器のタイルで描かれた「君主の行列」という壁画。
k5_20170616182531588.jpg

適当に一部分をアップで撮ってみたら、他の所にアウグスト強王がいたらしい。 この人は誰だが不明。
k6_20170616182549b03.jpg

ツヴィンガー宮殿の中庭。 この辺りは普通に無料で入れるので、日陰でお昼寝をしている人も多い。
k7_20170616182614291.jpg

この黒い玉ねぎ状の冠が、8年前ドレスデンで見たものの中で一番印象に残っていた。
k8_20170616182635283.jpg

また来れて感無量。 ちなみに「王冠の門」というらしい。

最近は物騒なイメージだったドレスデン(西欧のイスラム化に反対する政治団体の関係で)。

行ってみると観光客が多く、8年前と変わらぬ佇まいの美しい街だった。

壊滅状態だった街をここまで再建した人々の苦労を思うと、今後も平和に守られていくことを願わずにはいられない。







スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる