夏休みの思い出

子供の頃、夏休みといえば毎日のラジオ体操が日課だった。
radio_taisou.png

早起きし、ふだんは仲良くない兄とともにいそいそと出かける公園。

イラストのように首からスタンプカードをぶら下げ、毎日ハンコを押してもらう。

ハンコが全部たまったらノートとか鉛筆とかをもらえるだけなのだが、それが楽しみだった。


あとは学校のプール開放日。

かまぼこの板に名前を書いた“命札”を持って行き、プールから上がったら持って帰る。

今思えば、そんな札などなくても誰かいなくなってたら一目で分かるはずなのだが、その頃は親も含めて誰も疑問に思わなかったのだろうか。

皆勤で通ったが、夏休み明けの「一番黒い人コンテスト」では優勝できなかった。



お盆が来て親戚一同が集まり、いつも同じような物を食べ、子供達はトランプや人生ゲームで遊ぶ。



そして二学期が迫ってきて手を付けてない宿題が夢に出てくるようになった8月24日頃、楽しみだった“地蔵盆”がやってくる。

これはすごく狭い地域限定の行事だそうで、大阪や神戸あたりしか行われていないようだ。

簡単にいうと、地域のお地蔵さんをおめかしし、子供たちがそのお地蔵さんを巡るとお菓子をもらえるという、スペシャルなイベントなのだ。

これまた仲良くない兄といそいそと出かけ、もらえるだけのお菓子をもらって喜んでころこんで帰ってきた記憶がある。

たまにもらう冷やし飴は嫌いだったし、お菓子のクオリティも低かったが、かなり嬉しかった。

誰かが「日本版ハロウィン」だと言ったが、うまい表現だと思う。



今はもうそんな夏休みを過ごしている子供はいないかな。

ドイツの子供たちは宿題もないし、“休暇命”の親に連れられてギリシャだのマヨルカ島だのと、夢のようなバカンスを楽しんでいる。

夏休みも毎年州によってずらして設定されるし、たった一日が忌み嫌われることもない。

8月31日

日本では嫌いな子がほとんどだろうこの日、溜まりにたまった絵日記を母に手伝ってもらった事は何年たっても忘れない。






スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる