FC2ブログ

間違いまくりのお茶

ここ数年ドイツでは緑茶のみならず、いろんな日本茶が売られるようになりました。

私がドイツに来た頃はアジアショップでしか見なかったのに、今やBIOショップでは常時、普通のスーパーでもアジアフェアの時にはいろんなお茶が手に入ります。

今手元にあるのは番茶と玄米茶。
IMG_1433.jpg

左側の、見るからに怪しいパッケージの玄米茶はLidlというスーパーのアジアンフェアで買いました。

「アジアの心臓」シリーズです。 心臓て・・・・(*_*;

味は、広い心を持てば、まぁ許せる範囲です。



そしてもっと広まってきているのが“抹茶”。

お茶専門店やBioショップでは抹茶ラテや抹茶パウダーのみならず、あのしゃかしゃかとお茶を点てる茶筅まで売られるようになりました。



先日近所のエコカフェに行った時のこと。

メニューに「Matcha Zeremonie(抹茶セレモニー)」というのがあったんです。

赤い絨毯も野点傘も何もないのに、こんなとこでセレモニー???と思って見ていると、とあるドイツ人女性が注文。

店員はお盆に茶碗とお湯、抹茶パウダーと茶筅を載せて持っていき、口でやり方を説明しています。

でもそのやり方が、茶筅をまるで墨を擦るように動かしてパウダーを溶かすというもの。

あんた自身も知らんのに、説明しとるんかーい!!もっと手首を使うんや、手首を!



客は嬉しそうに抹茶を擦り、飲んでいましたが、私たち日本人にはとても許せる光景ではありませんでした。

それをぎゃあぎゃあと日本語で話していたら、店員にガン見され「日本から来たの?」と聞かれ、そうだと答えると自慢気にニヤニヤ

その店員がシフトが終わって帰る時、わざわざ私たちのテーブルまで来て合掌し、「ナマステ!」と言って帰っていきました。

こらまたえらいご丁寧に。 はいはい、「ナマステ~」

って、おい、それはインドやー!!
スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる