ドイツ語学校で聞いた日本語

以前ちらっと書いたドイツ語コースですが、予定が3週間ずれ、ようやく今日から始まりました。

緊張の初日。

生徒は全部で11人。 案の定出身国はコンゴ、ウクライナ、トルコ、アメリカ、中国など様々で、年齢もバラバラです。

先生はとても感じの良い、若いドイツ人女性。

まずは自分で自己紹介するのかと思いきや、いきなり席を立って年齢順に並べと言い出しました。

「一番年配の・・・1970年生まれがここだとして、あとは若い順にお互いインタビューしながら並んで。」

えーっと・・・。 私が生まれたのはそれ以前なんですけど・・・。

すみませんね、想定外のおばちゃんが来て (-"-) と思っていたら、なんと私より3つ年上の人がいて、ちょっと安心。



私が日本出身だと分かると、アメリカ人が「私、1つだけ日本語分かるよ。」と言って「生ビール!!」と言ってました(笑)

そして先生はドイツ人同士の夫婦なのに新婚旅行に日本に行ったそうで、「日本人は英語が全然できなくてびっくりした。」と言われてしまいました。  「でも親切で、ジェスチャーで教えてくれるのよね。

まさに、その通りでございます。<(_ _)>



どこに行っても何かしら日本について知ってる人がいて面白いです。


びっくりしたのが学校を掛け持ちしてる人が何人もいたこと。

今のコースは午後なんですが、朝から別の学校に行っててここに来たとか、終わったら45分後に別のコースに参加するとか。

別の子は11歳の時にドイツに来て25年経つけど、いきなり11歳で訳も分からず学校に放り込まれて大変だったそう。

なので今勉強しなおしているらしく、昼間はドイツ語コースに行って夜は夜間中学に行き、週末は空港で働いているそうです。

彼は書くのも話すのもパーフェクトに思えるけど、本人はもっと仕事で不自由なく使えるようにしたいんだとか。

やはり安定した仕事に就こうと思うと、今のままでは難しいんでしょうね。

もう何年も“暇こいてぷー ”だった私には、新鮮な刺激でした。


みんな頑張ってんねんなぁ・・・・。


そう思えるだけでもコースに参加する甲斐があります。

今日の午前中、「なんで私は誰にも強制されてへんのに、わざわざ学校なんか申し込んでしもたんやろう・・。私のバカバカバカ・・・。(´Д⊂ヽ」

ってあやうく登校拒否しそうになってたんですが、この感じだと楽しくやって行けそうです。
 
スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる