FC2ブログ

遠く離れた母へ

現在81才の母。

1年ぶりに見た母は二回りほど小さく、弱く、動かなくなっていた。

気力がないので食事も身だしなみも適当になり、一日ベッドに横になる生活。

週に3回デイサービスや近所のクリニックのリハビリの予定はあるが、それも最近は行くのを渋りがちだと初めて聞いた。


やっぱり電話では本音を言わず、強がったりもするらしい。"(-""-)"

一緒に暮らしている兄家族も毎日見ているせいで変化に気づきにくいのか、はたまたドイツにまで知らせる必要がないと思うのか、何も言ってこなかった。

“これはあかん”

これが母を見て最初に思った事である。


歳と共に下降線をたどるのは当然として、ここ数年の下がり用は著しい。

後ろ髪を思いっきり引っ張られながら日本を後にしたが、今も気を抜くと意識が日本に飛んで、自分がなぜこんな所にいていったい何をしてるんだろう・・・と考えてしまう。

母のそばにいれば、してやれる事はたくさんあるのに。

夫には申し訳ない話だ。

次の一時帰国まで、ドイツで出来る事をするしかない。

ただそう自分に言い聞かせている。




いつ見ても癒される神戸の夜景。
IMG_2448.jpg





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
在独10年。
毎日ほぼスーパーに行くだけの引きこもり生活。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる