FC2ブログ

時をかける老婆

日本にいる母とは週2~3回電話で話をする。

毎回30分前後の会話の中で、時には20数年前の事が一昨日の事になり、5年前の事が2週間前の事になったりする。

どれもすでに何度も聞いた話なので「あぁ、またこの話か・・・。」と思いながら聞く。

否定してはいけないと思いつつ、こちらも人間。

矛盾点をばっさりと否定してしまう事もあれば、先に結末をしゃべってしまう事もある。

余裕がある時は「ほほぉ・・・今日はこのネタか。次はどれが来るかな・・・。」などど楽しみながら聞ける。

そんな時、母はさしずめ“時をかける老婆”やなぁと思いつき、なんだかおかしくなった。

タイムマシンに乗ったかのように自由自在に過去を行き来する母。
time_machine.png

どうせなら過去の楽しかった頃に戻れればと思うのだが、たいてい「○○さんにこんな事を言われて悔しかった」とかいう話なのが母らしい。(^^;

できるなら私自身が覚えていない幼少期の話など聞かせてもらえると嬉しいのだが、なぜかそれは一切出てこない。

思い出したくないほど嫌な記憶なのか? "(-""-)"



正直、毎回電話を切るとぐったりする。

それでも数日後にはまた受話器を取る。

私に今できる事はそれぐらいしかないのだから。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
在独10年。
毎日ほぼスーパーに行くだけの引きこもり生活。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる