FC2ブログ

ドイツで列車移動する時の必需品

日本でいうJR,ドイツのDB(ドイチェバーン)は信頼できない。

先日も片道3時間ちょっとの距離を往復した際、帰りの電車は遅れに遅れてもう時間がむちゃくちゃ。

こうなると電車が急に運休になったり、自販機の一つもないような小さな駅で無理に乗り換えさせられたりする。

先が読めない不安と、DBへの怒りを空腹で増長するのはアホらしいので、いつも私は水とおやつを持参する。

この時も本来の乗り換え駅で何か買って夕飯にする予定だったのがそれどころではなくなり、最寄り駅に付いたら23時半でどこも開いてなかったので、おやつを持っていて良かったと心から思った。

私が思うドイツで列車移動する時の必需品は飲み物・軽食だ(テーブルが汚い事やトイレが壊れている時もあるのでウエットティッシュもあればなおよし)。

そうやってまた荷物が多くなるのよね・・・・。"(-""-)"


日本に帰るたび、時間通りに運行し、停車位置にきちんと止まる電車に感激する。

最近は人身事故や踏切内に誰かが侵入したとかで遅れることも度々あるようだが、それでもまだまだレベルは高いのだ。

ドイツでもドアの位置が分かればいいのにと思うが、定時運行すらできないのにそこまでの高度な事は到底無理だろう。



もしドイツを旅行して電車でトラブルに巻き込まれた場合、ため息とともに「ドイチェバーン・・・。」とつぶやいてみよう。

きっと周りの人はクスっと笑ってくれるし、一瞬だけでも運命共同体だという一体感を味わえる。

ただしそれには注意点が一つ。

決して近くに職員がいる時に言わないよう、細心の注意を払う事。

もし職員に聞かれた日には、間違いなくその場を離れるまで鬼のような顔で睨みつけられるだろう。

240px-ICE3_in_Cologne_2018092519263097f.jpg



スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる