FC2ブログ

どこにでもあるゴミ問題

日本でもゴミ出しにはご近所トラブルがつきものだが、ドイツでもいろいろと問題が起こる。

一昨日エレベーター前で生ゴミのようなにおいを感じた。

夫は分からないというので気のせいかとやり過ごしたが、今日階段を上ってみて原因を発見。
IMG_2609.jpg

お見苦しい写真で恐縮だが、2階下の部屋の前にきっちりと口を縛っていない生ごみの袋が放置されていたのだ。
IMG_2610.jpg

階段の踊り場にゴミを置いておくのはよくあるが、さすがに生ゴミを何日も放っておくのはひどい (-"-)

ちなみにゴミ置き場はアパート玄関のすぐ横にあるので、捨てに行くのに3分もかからないし、決まったゴミ出しの時間などないのでいつでも捨てられる。

それなのに、だ。



つい先日も家具が入っていたと思われるでっかい段ボールを、まったくつぶさないままアパートの入り口前に放置した人がいた。

数日後大家から各世帯あてに手紙が届き、ゴミ出しのルールの徹底、大きいゴミはつぶして捨てるか、市に粗大ごみの回収を依頼するようにとお達しがあり、同じ紙をゴミ置き場にも貼られたばかりだ。

その手紙の効果か、ゴミ置き場に関しては少しマシになったが、階段の踊り場に関しては変わらない。


1か月ほど前にはエレベータの中にパンダのぬいぐるみが置いてある時があり、なんだかすごく怖かった。

人形とかぬいぐるみって、シチュエーションによるけどすごく不気味に見えるのだ。

いったい誰が何のためにそんなことをするんだろう・・・。

結局そのパンダは数日後エレベーター外に出され、さらに数日後捨てられたらしい。


なくなってホッとしていたら、今は代わりのように使い古されたクッションがある。

もう一体何なん!?(T_T)


パンダの時ほど怖くはないが、なんとなく気持ち悪くて触れない。

いろいろと不可思議な事が起こる、ドイツ生活である。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
在独10年。
毎日ほぼスーパーに行くだけの引きこもり生活。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる