日本を象徴するものって?

昨日から新しいドイツ語コースが始まりました。

今回やるのは午前中のB2コース。 いわゆる中級コースです。

朝8時過ぎに家を出たら出勤や通学中の人が大勢いて、その中に自分も混じってると思うと、社会に参加しているような気になって嬉しかったです。

15分前に着いたら教室が開いてない 先生が買い物カゴを持って(ドイツ人は買い物以外でも籠を使う)悠々とやって来たのは3分前でした。

やっと席について挨拶したと思ったら、「あなたは別のクラスに行って頂戴。」と、いきなりのクラス替えを言い渡されました。

この学校では時々あるんですが、同じ内容のクラスで人数にバラつきがある場合、先生が馴染みのない生徒を選んで別のクラスに移動させるのです。

私は前回のクラスは隣町の学校でやったため、先生とは申し込みの時に会っただけ。

他の人は前のクラスから先生の生徒だったんですね。

それはまぁ仕方ないとしても、事前に連絡してくれればいいのに。



そして入ったクラスのメンバーはたった7人。中国人、アメリカ人、シリア人3人、ポーランド人と私。

まだ初回だったせいもあるのか、うるさい人もおらず結構静かに授業を終えました。

教科書も以前と比べて面白くなく、笑えるツボがありません。←そもそも教科書に笑いを求めるところがおかしい
IMG_1513.jpg

リーディングのテキストも長い長い。 知らない単語もバンバン出てきます。
IMG_1514.jpg



レッスン1のテーマは「故郷」。

昨日も故郷についていろいろ話したのですが、生まれた国というだけでなく香りであったり音であったり、何かしら懐かしく思い出させる物という点では無限大でした。

私の場合は田んぼやれんげの花、ウシガエルの鳴き声が子供の頃を連想させてくれます。

先生から次回は「何か自分の国を象徴する物を持ってきてね。」と言われました。

日本を象徴する物って何だろう・・・?

桜、富士山、すし、侍、忍者・・・。 すしを作る暇はないし、他の物も持ってはいけないし。

写真でもいいんですが、何か実際に持って行けるものというと、なかなか思いつきません。

鶴でも折っていこうかと今のところ思案中で困っているのですが、他の人が何を持ってくるか、楽しみです(*^^*)






スポンサーサイト

テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる