FC2ブログ

病院というコミュニティ

昔から病院は年寄りばかりで、顔を合わさないと心配されるという笑い話があります。

私も笑っていたくちだったんですが、今時は馬鹿にしたもんでもないなと思うようになりました。

というのも、母が通っている近所の病院は内科・整形外科でリハビリ施設があるので、暇さえあれば毎日通い110円でリハビリをしてもらっていたのです。

電話で送迎も頼めるのでお年寄りが一人でも通いやすく、実際そういう人が多数。

なので顔見知りになって世間話をし、わりと込み入った家庭事情まで知ってたりするのに互いに名前は知らないという不思議な人間関係ができるようで・・・(;^ω^)

母のように老人クラブとか、シルバーなんたらが嫌いな人間にとっては、特別何かに参加してるわけではないけど話し相手ができる最高の環境だと思いました。

骨折して以来、誰かに会うと「あんた、車いすなんか乗ってどないしたん?」と言われるのが嫌で誰にも会いたくなさそうな母でしたが、昨日何人もに声をかけてもらい、話している時はけっこうしっかりしていました。

やはり家族以外とのつながりも必要ですね。

よく知っている看護師さんには「口数が増えて元気になってきた証拠やね。あんまり静かやったら○○さんと違うわ。」と言われてしまい、私は間違いなくこの人の子だなと実感。

やはり血は争えません(^^;



兄に交替してもらって行ってきた姪っ子の演奏会。 私が11回生で、姪が44回生。懐かしい青春の記憶がよみがえりました。IMG_1538.jpg




スポンサーサイト

テーマ : 日常生活:日本
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる