これぞ新喜劇と思った出来事

日本滞在中、母に何度もこけさせられました。

まさに、あの吉本新喜劇のずっこけです。

中でも秀逸だったのは、これ。

ある日母が真顔で「あんたにどうしても聞きたいことがある。」と言いました。

これは何か重大な話に違いない!(*・`ω´・)と身構える私。

「あのな、食器を洗った後にいつも桶に水を残してあるやろ。あれは一体何のためや?」 

はぁ? Σ( ̄ロ ̄lll)  それって、そんな前置きつけて、たいそうに聞くこと??? 

もうこれにはガクーッときましたよ。

というのも、ドイツに暮らして以来節水を心がけていて(水道代が日本の3倍)、食器を洗ってすすいだ時の水を残しておくようになったのです。

それを実家でも無意識にやっていたようで、母には不思議だったんですね。

母は昔、いつ火事が起きてもすぐに消火に使えるようにそうしていたのだそうで、「あんたも同じ理由でやっとンのかと思った。」らしいです。

もうホンマに人騒がせな。┐(´д`)┌ヤレヤレ



あとは介護認定を受けさせようと思った時に、必要な「介護保険証」を探していた時。

「そんなもん、見た事ない。もし送ってきたとしたら、とっくに捨てた。」と言い張る母。

なかったら再発行してもらうのが面倒やなぁ・・・と思っていたら引き出しの奥から後生大事にケースに入って出てきたり。

「え?そんなとこにあったか?私知らんわ。兄ちゃんが勝手にやったんやろ。」

間違いなくあんたやー! 人に濡れ衣を着せるなー!



介護保険証は65歳になると市町村から送られてくるのですが、もらった頃は元気だったのでピンと来てないし、必要ないと思ったのでしょうね。

結局認定は受けませんでしたが、所在が分かって良かったです。



今までは観光客気分での一時帰国を数年おきにしていたのですが、これからは母の調子が悪くなくても掃除や片付けの為に帰らなきゃと思うようになりました。

いつまた急に帰らなくてはいけない状況になるか分からないので、ドイツ語コースも仕事探しもお預けです。

長々と書きましたが、これにて介護のお話はおしまいです。




日本の猫グッズは可愛い物ばかり。 どれもこれも欲しくなりました。
IMG_1557.jpg












スポンサーサイト

テーマ : 日常生活:日本
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる