どうぶつ王国の醍醐味

どうぶつ王国の続きです。

イベントスケジュールも目白押しなどうぶつ王国。

ワオワオトークというイベントに行ってみたら、上の方からわらわらと現れるワオキツネザル。
h8_20170311215101995.jpg

地上に降りたらびよーんびよーんと飛びながら、餌をくれる係員さんのもとへ。
良い場所を取れると、こんなに近くに来てくれる。
h9_201703112151207f1.jpg

食べ終わったら島に行き、このポーズ。
h10_20170311215135d6e.jpg

おっぴろげで何をしているのかと思ったら、これが彼らの日光浴なのだそう。
てっきりスコティッシュフォールドがやる、おっさん座りかと思った(^^;

ナマケモノもすぐ目の前。
h11.jpg

レッサーパンダはちょっと遠いけど、棒を使ってエサやりができたり。
h12_20170311215222f4d.jpg

さてこの方は誰でしょう?
h14_201703112153057d2.jpg

正解は、あちこちで行き倒れるカンガルー。
h15_2017031121533410d.jpg

アルパカのお散歩に行ってみたら、散歩の後に記念撮影タイムがあり、お雛様のセットで3枚も撮って頂いた。
h13_20170311215245d31.jpg

そうだ!カピバラを見忘れた!と急いで行ったら、なんと入浴中。
h17_20170311215421271.jpg
ババンババンバンバン♪ は~びばびば

おでこに花びらを付けて、お湯から上がってきたこの子。 さすが、モデル慣れしている。
h16_20170311215400c13.jpg

一通り回ったところで母が疲れてきたので退散。 それでも十二分に楽しめた。

私が実家近くに住んでいたら、間違いなく年間パスを買うだろう。

動物達のおかげで母も楽しんでくれ、夫と3人のかけがえのない思い出ができた一日となった。

しかし、ワオキツネザルがびよーんと飛ぶ姿。
私にはどうしても「やーいやーい、お前の母ちゃんでーべーそー」と囃し立てるいじめっ子に見えて仕方ない。
彼らに囲まれて飛ばれると、泣いてしまうかもしれない。






テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

ハシビロコウに会いたくて

今回の一時帰国で最も楽しみにしていた場所。 それが神戸どうぶつ王国。

昔まだ花鳥園だった頃に一度行った場所であるが、今はリニューアルされてかなり充実しているとのタレコミを頂き、母をそそのかして夫と3人で行ってきた。

一番会いたかった、動かないことで有名なこのお方。
h2_20170310213434a20.jpg

ハシビロコウさんだ。 しかし、予想外に動き回るし、飛んだりもする。
h1_201703102134197ae.jpg

動かへんなんて嘘やーんと嬉しいやらがっかりするやら。 
どうやら餌を与えてもらえるこの環境では、じっと石のようになる必要がないらしい。

この方がお土産になると、こうだ。
h3_20170310213448502.jpg

この、悪そうな顔。
描かれた方のセンスが素晴らしい。
この瓦せんべいだけでひとしきり笑わせてもらった。(買わへんのかい)

まるでアルザス地方のコウノトリのように、ハシビロコウグッズであふれるお土産コーナー。
中でもこの瓦せんべいが群を抜いていた。

ワンタッチ、ニャンタッチでは猫や犬に触れる。
h4_20170310213505ed3.jpg

h5_20170310213521420.jpg

抱っこは禁止だが、そんじょそこらの猫カフェより断然いい。
h6_2017031021354145d.jpg

この毛玉さんはうさぎさん。
h7_201703102135567e9.jpg

もっふもふで可愛いこと、この上ない。

まだまだ話は尽きないので、次回に続く。










テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

夫、関西人の洗礼を受ける

次に訪ねたのはココ。
f1_20170309190413378.jpg

いや、このタコさんウインナーのお店ではなく明石の魚の棚というアーケード。
f2_20170309190428fe6.jpg

明石と言えば、タコ。 どこもかしこも、これでもかのタコ押しだ。
頭をぶっ刺され吊り下げられるタコ。
f3_20170309190442ea1.jpg

ぺったんこにのされたタコ。
f4_20170309190457b26.jpg

目的はもちろん明石焼き。 一人前10個500円。
f5_20170309190512df0.jpg

ふわふわの卵の中にタコが入っていて、出汁で食べる。 ちなみに店にあったたこ焼きとの対比表。
f6.jpg

懐かしい味で美味しい。 入ったのはおばちゃんが一人で切り盛りする「よこ井」。 メニューは明石焼きとビールのみ。
座ると黙っていても明石焼きが出て来る。

ぶっきらぼうなおばちゃんだが、明石焼きを見て「うわぁ~」と歓声を上げた私を見て、目元が2ミリ上がった。

彼女の最高の微笑みだろう。


短いアーケードを何回も往復していると、夫が誰かに腕をつかまれる。

「兄ちゃん、安しとくから買うてってー。」

Σ( ̄ロ ̄lll)

「い、今僕見知らぬ人に腕つかまれた!!!」

「あははは。そら良かったな。」


たこコロッケを買うと店のおばちゃんが言った。

「今食べんのん?」

そうだと言うと紙に包んで「ほな、これな。」

Σ( ̄ロ ̄lll)

「い、今の人知り合い???」

「んなわけないやろ。初対面や。」

「えぇっ??お客さんにあんな風に言うの??」

「それがここのええとこや。」


魚屋の店先で飛び跳ねるカレイやエビ、いきなり親し気な口を利く店員、頼んでもないのにまけてくれる売り方・・・。

いろんな事が東北出身の夫にとってはカルチャーショックだったらしい。

ここでの経験が私を理解するうえで非常に役に立ったと後で述べていた。

こんな人らに囲まれて育ったら、こんな風にもなりまんがな。( ̄ー ̄)ニヤリ 





テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

工場見学でグビグビ

有馬温泉を出て向かったのは三田。

ここにはキリンビールの工場があり、無料で見学できるのだ。(要予約)

駅から工場へは、このラガーバスで送迎して頂ける。
j1.jpg

各回40人定員の見学ツアーは、時間によっては満員の盛況ぶり。
j2.jpg

ディズニーランドのシンデレラ城を思い出させる、キャストと動画での案内で、一番搾りのうまさの秘密を体感した。
j3.jpg

途中撮って頂いた記念写真。 バックは山ほどの一番搾りの缶。
j6.jpg

40分の見学ツアーの後は、20分の試飲タイム。 おつまみに柿の種(チーズ味)も貰える。 お酒の味が分からない私でも一番搾りはうまかった。
j4.jpg

一人3杯までというので、絶対3杯飲んでやろうと思ったが、意外に時間が足りずそれぞれ2杯で終了。

試飲コーナーに飾られるレトロなポスターが素敵。
j5.jpg

時間が来たらきっちり退場するよう、担当の方に追い出される促されるので長居はできない。


以前ドイツでビール工場見学に行った時は、有料だったが実質無制限に飲み放題。(おつまみはブレッツェル)

見学が終わった時点で担当のスタッフは消えてしまうので、いつまでも試飲コーナーにいられたものだ。

やはりこれもお国柄。

この見学中、キリンビールのスタッフの方に何度頭を下げられたか分からない。

タダで教えてもらって、飲ませてもらって、送り迎えまでしてもらって、なお感謝されるという摩訶不思議な王様体験ができるスポットとなっている。







テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

有馬温泉ひやかし旅

日本滞在中、一回くらいは贅沢したいよねということで、有馬温泉に出かけた。

有馬は太閤秀吉とねねゆかりの地。
n2_20170307205017513.jpg

n1_2017030720495413a.jpg

古い歴史がある温泉場だ。 こんなポストもしっくりくる。
n6_20170307205140c9b.jpg

旅館に荷物を置いて散策。 名物の炭酸煎餅の店。
n4_2017030720505826f.jpg

土産に買う気はなかったが、出来立て3枚100円というのがあったので食べてみる。

なんと賞味期限5秒というふれこみだ。

5秒てあんた・・・どゆこと???( ̄。 ̄ノ)ノ

すると立ち位置を指示され紙をもらい、焼きあがった煎餅をひょいっと渡される。

「はい、はよ食べてや~」

「あつあつハフハフ・・・・・やわらかーい・・・パリッ」

そう、焼き立てあつあつはやわらかい食感で、5秒経つと普通のパリパリ煎餅になるのだ。

うっかりして写真も撮らず食べてしまったが、有馬に行ったら是非試してみることをお勧めする。

店先にいた、幸せと微笑みを与えるガマを撫でる。
n5_201703072051199c4.jpg

招き屋という店で出会ってしまった、自信満々の千手観音のようなオッドアイのこの子。(クリアファイル)
IMG_1909.jpg

どうも猫グッズにはめっぽう弱くていけない(^^;


一通りひやかし歩いて、チェックイン時間ちょうどに再び宿へ行くと、預けた荷物がすでに部屋へ。

部屋まで案内してもらった後は、担当の仲居さんがご挨拶に来て下さったのだが、何せドイツの安ホテルしか泊まっていない我々には何もかもが丁寧過ぎ、恐縮してしまう。

そういえば、日本の旅館てこんなんやったなぁ・・・・


ネット予約限定の貸切風呂に入り、あったまったところでお待ちかねのご飯。
n7_20170307205201d5f.jpg

部屋食の懐石料理で、何度も行き来する仲居さんが気の毒に思える。 
しかし、日本料理というのはなんと美しく、繊細なのだろう。

翌朝の朝食も素晴らしかった。
n8_20170307205222741.jpg

いつも料理のみならず、お櫃に入れてあるご飯までも、一粒残さず平らげる私達。

まるで「イナゴの襲来やな。私らが食べた後は何も残らへん。」と笑い合って有馬を後にした。





テーマ : ドイツ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
ドイツ人が日本人と似てるって?!誰が言ったのそんなこと。
住まなきゃ分からないドイツ人のいい加減さにしょっちゅうキレる毎日ですが、住めば都で早や7年。
どんな事も笑いに変えて、“笑ってもらえりゃ丸儲け”で日本人の夫と二人たくましく生きています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる