• 予想もしない事はいつでも起こるものだ。母が退院して10日後、母の義姉、私から見ての伯母が亡くなった。母の入院中、1人でバスに乗って2回もお見舞いに来てくれたくらい元気だったので思ってもみない事だった。具合が悪くなってからたった1か月。苦しまず、穏やかな顔で眠るように逝った伯母は90歳の大往生と言えるのだろう。若い時、伯母はすでに4人の子供がいる伯父の所へ後妻に来た。伯母自身は初婚だったので周囲は反対したら... 続きを読む
  • 母は退院の2日前、朝方4時にトイレに行こうとして失神した。幸いトイレには誰かに付き添ってもらって行く事になっていたので、後ろにいた看護師さんが体を支えてくれて事なきを得た。その時の様子を母は全然覚えていないが、看護師さんによると気分が悪いと言い出し急に足が出なくなったと思ったら体が折れるように倒れたらしい。ベッドに運んでもらってすぐに意識は回復したらしいが、こんなことは初めてだった。失神したすぐあと... 続きを読む
  • 入院したころ、母の髪はかなり伸びていた。それでなくても痩せたのに、髪までボッサボサで見るに耐えなかった。病院では月2回美容師さんが出張してきて1000円でカットしてくれるサービスがあった。今こそ切るチャンス!と思い、やかましく「髪切ったら?」と言い続けたが、「伸ばしてくくる(結ぶ)ねん!!」とかたくなに拒否。髪を結べるまでにはまだまだ時間がかかるし、何より身なりをかまわなくなった母が自分で髪など結ぶは... 続きを読む
  • 介護のお話に戻って。入院中に介護認定を変更でき、要介護2になった母は退院後訪問リハビリを受けられる事になった。(要介護1以上で可)これは本当にありがたかった。入院中と訪問リハでは担当の先生が違うのだが、入院中から訪問担当の先生に時々見て頂けたので、信頼関係が築きやすかった。訪問リハは週2回、1回40分。実際に生活する部屋やトイレでの動きを見てもらえ、家具や電化製品の配置など、どうすれば母にとってより使い... 続きを読む
  • 時々母に対して大声を出してしまう。たまになら笑って済ませられることも、毎日毎日やられるとこっちも我慢の限界が来るのだ。母は退院してから夜にぐっすり寝るようになり、眠れるのはいいのだが尿量が多くトイレに起きないのでこの3日は夜用のパットをあてていても漏れてしまうようになった。リハビリパンツも夜用を用意するか、どうしたものかと頭をかかえ、毎日防水シーツとパジャマを洗っているのだが、今日は21時過ぎにテレ... 続きを読む

かみーれ

在独10年。
毎日ほぼスーパーに行くだけの引きこもり生活。