• 青空が広がった日曜日、ライン川沿いのリューデスハイムという町で“Tages des Federweißen(フェダーヴァイサーの日)”という催しがあったので行ってきました。日本からドイツにツアーで来たことのある人は必ず訪れると言ってもいい町、リューデスハイム。今はぶどうの葉が色づいて、夏とはまた違った美しさです。ぶどう畑の上をゆっくり動くゴンドラ。 二人乗り、ガラスなし。今回も乗ってみようかと思ったら、長蛇の列だったの... 続きを読む
  • ドイツに来てから自分のトイレの回数が気になりだしました。というのもドイツ語コースに通っていた頃、休憩時間と帰る前には必ずトイレに行っていたのですが、他の子は一回も行かないのです。「なんでそんなにトイレばっかり行くの?」と聞かれたこともあるくらい。そこで一日のトイレの回数を聞いたら、なんと4・5回という答え。私は10回前後なので、倍以上行ってるわけですが、その時は“あんたらと違って日本人は膀胱が小さいね... 続きを読む
  • もうすぐ11月ですね。すでに9月ごろからスーパーにはクリスマス用のお菓子が並んでいるのですが、今までは素通り。そろそろ品物のチェックに入ります。というのも、毎年恒例の日本に住む友人達へのクリスマスプレゼントを用意するからです。日本からはいつも美味しい物を送ってもらっているので、プレゼント交換というか、物々交換ですね。今年もそろそろかなぁと思っていると、NORMAというスーパーで気になる缶を見つけました。そ... 続きを読む
  • ドイツでは年間30日程度の有給休暇があり、ほとんどの人が毎年完全に消化します。夫の会社も例外ではなく30日あるのですが、夫は滅多に休みを取らないのでいつも半分くらい流していました。今年も同じ部署の人が長く病欠だったため、今までに取った有休は5日。さすがに上司から「今年中にあと15日は消化しろ。」というお達しがあり、今週から月・水・金のみの出勤になってしまいました。(本当は会社側も有休をちゃんと消化させる... 続きを読む
  • ドイツのかぼちゃはオレンジ色です。これの名前がなぜかHokkaidoホッカイドウなのですが、日本のかぼちゃとは違い水っぽくて煮物には向かないそうです。ドイツ人の中にもHokkaidoの名前は浸透しており、前にドイツ人に普通のイントネーションで「ホッカイドウ」と言ったら「違うわよ。ホッカイドウよ。」と“イ”にアクセントを置くように訂正されました。いや、ホッカイドウに関しては私の方がネイティブやけどな・・(-"-)数年前か... 続きを読む
  • それはまだ夫と結婚する前。私は“お試し”で3か月ドイツに来ていました。例え天気が悪くても、毎週末せっせとどこかへ連れ出してくれた夫。出先で必ずと言っていいほど喧嘩になりました。その原因は思いもしない事だったのです。まずお昼時。「おなかが空いた~。どこかでご飯食べようよ。」と言う私に、夫は「うーん。ここはいまいち。 こっちもいまいち。」とダメ出しばかりしてなかなかレストランを決めてくれないのです。だん... 続きを読む
  • ドイツに来て知り合ったドイツ人は、ほんの数人。学校の先生や長く関わる人の名前は覚えても、それ以外の相手の名前は、はなから覚える気もありませんでした。ところが今はボランティアに行かせてもらっている老人施設の入居者さん達&従業員達の名前を覚えなければいけません。特に入居者さん達の名前と、居住階を覚えるのは必須。ところがドイツ人の名前ときたら、大工さんやら靴職人さんやらと職業が名前になっている場合が多く... 続きを読む
  • 久しぶりによく晴れた昨日、夫と共にモーゼル川沿いのコッヘムという町に行きました。少し色づいた木々と綺麗な水が流れる川、行き交う遊覧船。ばっちり決めたバイクのおじさま方も、たくさん来られていました。ドドドドドドこの町のシンボル、山の上のライヒスブルク城。 逆光でぼんやりとしか見えません。これは2年前に行った時の写真ですが、本来はこういうお姿です。この町では日曜でも店が開いているので、買い物客で賑わっ... 続きを読む
  • 夫の同僚はほぼドイツ人です。そのドイツ人たちが日本に出張に行って辛いことは、「パンがまずい」だそうです。「ふわふわでちっとも味がしなくて、あれは何だ? あんなのパンじゃない。」と。確かに日本のホテルの朝食でよく提供されるのはバターロールや食パン。こっちのパンと比べると噛みごたえがなく、小麦粉のみなので味わいも違うのでしょう。町のパン屋さんに行けば、お総菜パンやバケット、デニッシュにクロワッサンなど... 続きを読む
  • 以前女性の集まりで「アイロンがけが嫌い。」と言ったことがあります。←絶対にこんなニコニコしてできないそこからアイロン談議が始まり、意外なことにドイツ人もアイロン嫌いな人が多くいました。ジーパンや下着にまでアイロンをかける人達なので、きっと好きでやってるんだろうと思っていたんです。ある人は1枚かけるごとに2ユーロもらい、ある人は枚数を数えておいて、50枚かけたらご主人と一緒に映画を観に行くことがご褒美だ... 続きを読む

かみーれ

在独10年。
毎日ほぼスーパーに行くだけの引きこもり生活。