何でもストレートに言う人

日本人ほど遠回しに物を言う民族も、他にいないのではないかと思う。

今通っている所の歯科医は東欧出身だが、かなり直球で物を言う。

先日は怒られてしまった。

というのも、治療が終わって1か月後のコントロールに行ったのだが、その数日前から冷たい水が歯に沁みて少し痛かった。

でも予約はすでに取ってあるので、その時に言えばいいと思い、予定通りに行って症状を伝えたのだ。

すると先生は、「なんでもっと早く来ないの?前に痛かったら電話してすぐに来てって言ったでしょ!?」

「いや、今日予約を取ってあったし、水が沁みるだけだし(汗)‥‥。」

フー(ため息)


そして治療が始まってからは、私ではなく助手の女の子に矛先が向かった。

彼女が気を利かして先回りした事がとんちんかんだったのだ。

「あんたね、今それをできるわけないでしょ?」 バッサリ

「・・・・・。」



更に治療がすすみ、またしても“ピコ太郎風味”の黄色いゴーグルをかけられる段になった。

先生が助手に「あのゴーグル。」

「はい。」

私; あれ・・・・?

「あんたがかけてどうすんのー!!ヽ(`Д´)」

そう、あろうことかその助手はゴーグルを自分でかけていたのだ。

おもろい、おもろすぎる。 

彼女には新喜劇の素質があると見た。 ドイツを去る時は彼女をスカウトしよう。

そんな風に患者の前で怒られても、ため息をつかれても、全く動じることのない彼女。

だからこそあそこでやっていけるのかもしれない。


しかし歯科医という人たちは、どうしてこっちが大口を開けている時に色々聞いてくるのだろう。  返事できひんやん。

そして世界共通かもしれないのが、「痛かったら左手をあげて知らせてくださいねー。」というフレーズ。

前回も思いっきり左手を挙げてみたが、「はいはい。分かってます。」と軽く流された。

どうせやめてくれへんなら挙げさすなよー

立場のなくなった左手が可哀想やんか。





関連記事
スポンサーサイト



かみーれ

在独10年。
毎日ほぼスーパーに行くだけの引きこもり生活。