記事一覧

マスクして 自覚す肥大 抗う機

マスク生活が始まってしばらくは布マスクを作っていました。

顔が大きい夫には“大きめ”の型紙で。


ウレタン製だと比較的楽だと分かった頃に数枚既成のウレタンマスクを購入。

それをつけるとやはり顔、特に顎のあたりがマスクからはみ出して何とも不格好。

ようやく夫に自分の顔が大きすぎるのだという自覚が生まれました。
biyou_tarumi_man.png



そこでダイエットしようと思うのが多くの方の思考。

夫は文明の利器に頼るタイプなので、こういう美顔器(リフトアップベルト)を買いました。
IMG_3391.jpg

これを顎にはめてスイッチを入れればモードによっては赤や青のLEDランプが点灯し、EMSで刺激されます。

果たしてこれで効果が出るでしょうか?



せっかく買ったのだから私もやろうと思いましたが、使うとどうも歯が痛い。

なんでも銀歯には振動が伝わり痛みが出ることがあるのだそう ((+_+))

顔の大きさは一応マスクからはみ出すことはないけれど、たるみが解消されたらいいなと思っていたのにがっかりしました。


仕方がないので、私は舌を動かしたり手でコロコロする美顔ローラーに励むことにします。








50歳代ランキング
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

かみーれ

Author:かみーれ
兵庫県出身の50代専業主婦です。
何の因果かドイツに流れ着いて早や10数年。
今や第二の祖国となったドイツでの日々を綴っています。

最新コメント